Worldopoly(WPT)の購入方法とその評価とは?「ゲーム&AI」「輝いてる企画」

今回はゲームのICO案件です。
プロジェクト名は「Worldopoly」です。
トークンはWPTになります。
詳細は本文に記述しますが、ブロックチェーン&AI&ARを用いたゲームということで、
なかなか面白そうなプロジェクトです。

以下、Worldopoly(WPT)の購入方法、魅力、評価についてご紹介していきます。

Sponsored Links

Worldopoly(WPT)の購入方法

 

MyEtherWalletからイーサリアムを送金するという鉄板の購入方法で違いないでしょう。

まずは公式ページから登録しましょう。

*すべてにおいて偽サイトに注意!特にgoogle検索の広告は要注意です。以下のリンクは大丈夫です。

・日本の取引所口座
*最近どこもトラブルニュースがありますが、とりあえず手数料最安はZaifです。Zaifはこちらから
*末永く使うなら私が試した中で一番よい取引所はBitbankです。ここがベスト!

MyEtherWallet を開いておく

*MyEtherWalletの開き方、送金の仕方はこちら

 

■購入の流れ

・日本の取引所に日本円を入金
*zaifかbitbankからの入金・送金方法はこちら

・イーサリアムを、購入したい額+手数料(おおよそですが1200円くらい見ておけば良いかと)購入
*投資・投機はあくまで消えてもいい額ですよ!どんなに素晴らしいものでも

・イーサリアムを「MyEtherWallet」に送金
*MyEtherWalletの開き方、送金の仕方はこちら

ダッシュボードより、送信先のアドレスをコピー
*送る通貨と同じアドレスじゃないと送信失敗で消える可能性もあるので間違えないように

・「MyEtherWallet」から上記アドレスに送る

・入金確認。ダッシュボードに表示されます。その後のことは上場の情報などきますので運営の指示を待ちましょう。

Worldopoly(WPT)の概要

Worldopolyは「AR(拡張現実)、AI(人工知能)、ブロックチェーンを組み合わせた初のモバイルゲーム」です。

特徴として、経済シミュレーションであること、戦略型マルチプレイヤーゲームであることが挙げられます。
ここでいう経済シミュレーションとは、ゲーム内で資産を構築したりトレードすることです。
土地や建物を購入したり、それら資産をカスタマイズできるようです。

ゲーム内での経済活動には、今回のICOで発行されるWPTトークンが使われるとのこと。
さらに、拡張現実を用いることで、概念だけでなく視覚的にもリアリティのあるゲームを目指しているのが特徴的です。
おそらく、スマートグラスなどのデバイスを使って、現実世界の映像も見ながら、
同じ画面にゲームでの情報や、他プレイヤーとのやり取りが表示されるのだと思います。

関連して、Google Mapをベースに世界中を歩いたり、
ARを使って建物などを表示するときにAIを用いて位置決めの精度を高める仕組みがあるようです。

想像するに、町作りゲームの「シムシティー」を経済版にして、
「Pokemon GO」の要素が加わったようなゲームなのではないかと推測されます。
プラス、他プレイヤーと資産を売買したり、投資、グループの結成ができたりなど、
現実の経済をローリスクで学ぶ場としても有用です。
純粋に、面白そうですね。

さて、Worldopolyについては、ゲームエンジンと主要な機能がすでに完成しているというのが注目点です。
夢を語るだけでなく、ある程度開発が進んでいることは、実現性の面から見て好材料と言えます。

ICOに関する情報は以下のとおりです。

トークン: WPT
プラットフォーム:Ethereum
参加可能通貨: ETH, BTC, Fiat
最小投資価格: 0.01 ETH
ベース企画: ERC20
レート: 1 WPT = 0.12 USD
ボーナス: 5%
配布数: 1億5千万トークン(全体の75%)
発行上限: 2億トークン
トークンセールの日程: 2018-04-23 – 2018-05-22
ソフトキャップ:
ハードキャップ: 18,000,000 USD
国: スイス
制限地域: アメリカ、中国、北朝鮮
上場の時期:
Twitter: https://twitter.com/worldopoly
Webサイト: https://worldopoly.io
テレブラム: https://t.me/worldopoly
ホワイトペーパー: https://worldopoly.io/Worldopoly-Whitepaper-ICO.pdf

購入できる地域に制限があることにご注意ください。
また、Worldopolyプロジェクトはフィアット(法定通貨)でも参加可能です。

【参考】 https://icobench.com/ico/worldopoly

Sponsored Links

Worldopoly(WPT)の評価・魅力とは?

WorldopolyのICOBenchにおける総合評価は4.8、専門家16人の総合評価は5.0です(記事執筆時点)。
前述したとおり、期待の持てそうなプロジェクトです。

あらゆる格付けサイトで評価されています。

筆者個人としては、ゲーム内の経済活動に、実在する(予定の)トークンを使う点が面白いと感じています。
プレイヤーが増えればトークンの需要が増え、現実世界のトークンも値上がりが期待できます。
また、既に開発が進んでいることから、数年のうちに製品化が見込まれます。
短期では難しいかもしれませんが中期的にはキャピタルゲインをねらえるICO案件ではないでしょうか。

もう一つ。Worldopolyにはブロックチェーン技術も用いられています。
これにより、ゲーム内取引の安全性や公平性が担保されるので、プレイヤーは安心してゲームを楽しめます。

教育的な側面も持つことから、経済を学ぶツールとしての需要も期待できるでしょう。

Worldopoly(WPT)の専門家の評価まとめ

それでは、専門家たちが、どのように考えているのか、コメントを紹介しましょう。

素晴らしくて驚きのプロジェクト!
輝いてるチームだね。
このプロジェクトは好みだよ。
ゲームにAIを使うのはめちゃくちゃ良いアイデアだよ!
このゲームは問題解決の戦略を立てるのにお勧め。
AIとブロックチェーンを使っている点が革新的。
どうやってユーザーを獲得するのかも示してほしいね。失敗するかもしれないけど、期待はしてる。

おおむね高評価ですね。
もちろん、リスクを懸念するコメントもありますが、投資するか否かの参考になるコメントだと思います。

まとめ

これまで述べてきたように、Worldopolyは中長期的に成長が望めるプロジェクトだと考えています。
ポイントは、専門家の意見にもあるように、どれだけのユーザーを獲得できるかです。
トークンの価値もそれによって決まります。

その点では、ICOの制限地域にアメリカ、中国と、人工の多い国が入っていることが少し懸念点です。
資金調達には問題無いかもしれませんが、これらの地域でも製品がリリースされることを願います。

>>WORLDOPOLYの登録はこちら


>>ICO・草コイン・超マイナー情報をシェアしていくメルマガ
*パスワードかかっている記事も登録することで読むことが出来ます。




■一目で分かる取引所比較表!




私のおすすめ
・とりあえず「zaif」も「coincheck」も開く。(zaifが今本人認証が遅い)
・物足りなければ「BINANCE」 or 「Kucoin」を開く

個人的感想
・「逆指値が出来る」「取り扱い通貨が豊富」「手数料最安」という意味ではBINANCEが最高だと思う。


登録は以下より

■zaif

>>国内取引手数料最安、スプレッドも最高、zaifに登録はこちら



■coincheck
>>操作性がよく初心者でも使いやすい!国内最大取引所coincheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

■BINANCE

>>初心者卒業したらBINANCE


■Kucoin

>>第2のBINANCEと名高いKucoin




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

HN:ラストラン!
2018年、仮想通貨バブルで成功しなかったら
多分一生億れないと思っています。
ラストチャンスと覚悟を決め
投資に対してラストランになるため
全力で勉強して、絶対に億を掴みます!
私の実践記、戦略お役立ち記事を
シェアしていきます!

ピックアップ記事

  1. 仮想通貨格付けについて2018年5月での最新情報をお送りします。 格付けで有名なのはwiess社で…
  2. 仮想通貨の取引を行っている方には、マイニングによって収益を得ている方もいらっしゃるでしょう。 マイ…
  3. ブラックマンデー発生!とネットで大騒ぎです。 昨日お伝えしたことが現実になってしまいました。「企業…
  4. エイダコイン(カルダノ)の将来性と購入方法についてお伝えしていきます。 1月23日の初の仮想通貨格…
  5. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 …

免責事項

当サイトは、仮想通貨やFXの売買に関してお勧めしているものではございません。
個人投資家の戦略・展望・調べたこと・資料としてシェアを目的にお届けしております。
ご自身でアクションを起こされる場合は、
時代の流れも早いので、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。

いかなる状況になろうとも、ご自身で出した損失に対して、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

投資は自己責任で!

ページ上部へ戻る