上場したら爆上げするとは限らない?いろいろな事例から分かったこと

上場したら爆上げ、となんとなく思ってしまうところはあると思います。
上場、というのは、単純に仮想通貨が取引所で扱われるようになることです。
我々トレーダーというか一般人が自由に取引できる状態になり
つまりはその仮想通貨が多くの人の目に留まり、売買される可能性が出るというものです。

しかし、1月8日の韓国取引所へのTRXですが、どんな動きをするのかPCでチェックをしていたのですが
全然無風でしたね。むしろ夜中に韓国で別で問題が発生してファンダメンタルで下げていました。

その他事例とともに、「上場」した時のその通貨がどうなるか?について見ていきたいと思います。

Sponsored Links


上場したら爆上げするとは限らない?いろいろな事例

結論的にはやはり「取引数の多い取引所で、注目されている仮想通貨」でないと爆上げは期待できなく
「どちらかと言うと、最近はファクト・ザ・セル」の傾向も少なからずあるのでは?
と言えます。(後者はまだ顕著ではない)(最後に最終結論で結びます)

最近では、「上場する」という話が出たら、他にすでに上場されているところで買い込んで
「上場前にファクトザセル」というパターンの方が多いように私には思えます。
だんだんトレーダーも賢くなっていくので、どんどん先手先手していくのではと妄想しています。
*ファクト・ザ・セル=噂段階で買って、事実が確定したら売る

それではまずは今回のトロン(TRX)1月8日20時に韓国Coinrail上場の事例を見てみましょう。

韓国は世界でも3番目に仮想通貨を扱う国ですが(日本が2位、中国が1位、アジアが占めているんです)

で、よく調べたらcoinrailってけっこうマイナーな取引所でした….
韓国の3大取引所は
bithumb
Coinone
Korbit
の3つで、日本で言う「coincheck」「zaif」「Bitflyer」と捉えていいのではないでしょうか?

今回騒がれていたので大手なのかと勝手に解釈していましたが、
そこまで大きくない取引所ということで、個人的にはちょっと納得。

まさに無風でした….

しかし肯定的な意見多いですね。補足で載せておきます。

いろいろ言われますが、やはり取引規模小さい取引所というのが一番の原因だと思います。

Sponsored Links


とにかく過去のcoirailは影響なかった

と、ありましたので11月2日のリップルは?と調べた結果…

無風。

とあったので、ネムの上場の時を調べたら..。

無風…。

とにかく、マイナー取引所で上場しても大した影響ないやん!ということが分かりました。

それでは、有名な取引所で上場したら、影響はすごいのでしょうか??

Sponsored Links


有名取引所での上場は?

記憶に新しいzaifのCOMSAですが、NEM建て?とETH建て?があるのですが、NEMの方が上場日に20倍、ETHが4倍いってすぐ戻っています。
上場日の短期トレードはもう健在していることが分かりますが
ここでは上場日の爆上げは健在ですね。
ひどいところでは100倍1000倍本当にありますからね。誰が仕掛けているのか…。

他のものも見てみましょう。

これは有名ですね。
モナコインの爆上げが記憶に強いからこそ、「上場」=「爆上げ」の方程式が人々の頭の中にあるのでしょう。

■バイナンスへの上場は?

まとめているサイトがありましたので参考にさせていただきました。

第1回:5通貨上場して、2通貨は今までBTCに対して上昇を続けている。
Verge(XVG)とSONM(SNM)
他はBTCに対してなので、JPYに対しては基本上昇はしているが爆上げではない。
というかこのころのバイナンスはそんなに影響力はなかった。

第2回:Substratum (SUB)のみ上場
これは上場後は16倍、その後下がって投票時からはBTCに対して4倍になっています。

第3回:Zcoin (XZC)のみ上場
投票時から3倍ほどになっています。

第4回:EthLend (LEND)
投票日から11倍ほどになりました。
このころにはバイナンスの影響力も大きくなってきましたからね。

出典:https://goo.gl/VkY71g

第5回は今のところRaiBlocks(XRB)が上場決定していて(XPはどうなの!?ダメなのかな…)
価格は1位と分かって1/6に400倍に爆上げ!!
1/5にkucoinに上がっていたのでやはり情報早い人が勝ちますね。

これ個人的に反省しているんですが、XPを応援しすぎて盲目的になっていました。
1位がもうRaiblocksに1/3くらいでほぼ決定していたのだから
その時に「Raiblocksは他の取引所で扱ってないか?どこかで購入できないか?」と動けた人が400倍手にできたということですよね。
今回の反省を次回に生かします!

 

結論

最終結論を言いますと「爆上げ条件」は以下です。

「有名取引所の上場は爆上げしやすいが、”上場決定”で爆上げするわけであり、”上場”で爆上げするのではない」

名言みたいになってしまいましたね。

「爆上げ」はどれだけ人より早く情報を得ることが出来て、動くことが出来るか、というところです。
8割の人が知った情報はもう遅すぎる、ということ。
上記のraiblocksのように、人より早い「察知」が必要だということがよく分かりました。

今回いろんなことが見えてきたので、それに関する情報もメルマガでシェアしていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

HN:ラストラン!
スワップ運用で月10万
経済指標トレードで月-30万~+400万
仮想通貨含み損-200万
私の実践記、戦略お役立ち記事を
シェアしていきます!

ピックアップ記事

  1. ブラックマンデー発生!とネットで大騒ぎです。 昨日お伝えしたことが現実になってしまいました。「企業…
  2. エイダコイン(カルダノ)の将来性と購入方法についてお伝えしていきます。 1月23日の初の仮想通貨格…
  3. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 …
  4. 買ってはいけない仮想通貨はこれ、ロニーモアス氏のツイートで銘柄が出てました。 人によって言うことは…
  5. COMSAがバイナンスに上場するかも!という噂が2018年1月4日に流れました。 本当か?嘘か? …

免責事項

当サイトは、仮想通貨やFXの売買に関してお勧めしているものではございません。
個人投資家の戦略・展望・調べたこと・資料としてシェアを目的にお届けしております。
ご自身でアクションを起こされる場合は、
時代の流れも早いので、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。

いかなる状況になろうとも、ご自身で出した損失に対して、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

投資は自己責任で!

ページ上部へ戻る