トロン(TRX)が今後1月8日に爆上げする噂は本当か!?情報まとめた結果

仮想通貨トロン(TRX)が今後1月8日に爆上げする?そんな噂を聞き、調べて買ってしまいました。

トロンはご存知でしょうか?現在9位のつい先日まで草コインだったものです。

1番下に見えていますね。これは時価総額順になっています。

それが1月8日には爆上げか?という噂。これだけ安い値だけに私は思わず買ってしまいました。

さて、何を根拠に爆上げの噂があるのか?そして、トロンとはどんな通貨なのか?
どこで買えるのか?また、8日以降についても値動きについて更新し
シェアしていきます。

Sponsored Links


トロン(TRX)が今後1月8日に爆上げする噂は本当か!?

トロンが今後、1月8日を境に爆上げしていくのでは?という噂には根拠があります。
普通にロードマップ的にイベントが今後ズラーっと並んでいるからです。

どこから話しましょうか、まずその噂から紹介しましょう。

https://twitter.com/xemoshimaru/status/949506852252864512

一部ですが、けっこうアンテナ張っている人は叫んでいますね。
今後のイベントを整理しましょう。

・1月7日 :ゲームリリース
・1月8日 :韓国の取引所 Coinrail上場
・1月14日:パートナーシップアナウンンス(アリババ可能性あり)
・1月31日:新しい取引所に上場(公開前)
・1月31日:burn20%
・1月中  :ロックアップ30%(解除は2020年1月)

これだけ今後材料があります!
特にburn20%というのはですね、簡単に言えばコインが消滅する、減るということです。
これによって、1コインあたりの価値があがるのは必須なのでは?ということです。

ロックアップは、消滅させるわけではなく、自由に売買できなくする・凍結するということです。
これは投資家の利益を守るためで、流通量を確保するためのもので、戦略であります。
価格操作といった批判を受けることはありますが、れっきとした理由がありますので
全く悪いことではありません。事前に通告していますし。

他にも、コインチェックへの上場も噂されています。
このへん、CEOのジャスティンさんが、積極的に情報発信してくれるんですよね。
ツイッターをフォローしておくといいかもしれません。

(グーグルトレンドに載っていたんだ..トロンってもうそんなに認知されているの??実は今年知った自分…)

トロン(TRX)とは?

実は私は2018年になるまで知らなかったトロンですが、
googleトレンドの日本版のランキングに載って、ジャスティンに日本人はクレイジーだな、と言われてしまうほど
私が思っているより認知されているのかも。

さて、トロンのスペックを見ていきましょう。

名称:TRON/TRX(トロン)

公式サイト:https://tronlab.com/en.html
公式ツイッター:https://twitter.com/tronfoundation
公開日:2017年9月
最大供給量:100,000,000,000枚
発行枚数:10,066,908,392枚
拠点:中国
目的:ブロックチェーンと分散型のストレージ技術を用いることで、世界でも有数の無料のエンターテイメントコンテンツシステムを構築することを目的
補足:SNSを通して総勢アーティストとなり著作権の懸念をこれで解決できるだろうと言うもの。TRONにより、
・各ユーザーは自由にデータを公開、保存、保有することができる
・電子上の資産の発表、流通、処理をすることができる
・TRONによって、ユーザーがエンターテイメントコンテンツ(音楽や詩、電子本、写真、画その他)を自由に発表し、自由に売買できる。

現状:1000万人以上のユーザーを抱える音楽ストリーミングサービスPeiwo Appと提携が決定
:TRON Foundation(トロン財団)がシンガポールに設立されバックアップされている
:9月上場直後は中国の規制の影響を受け低迷したが、現在ご覧のように息を吹き返している
:1000万人のユーザーを抱える台湾のObikeとの提携が決定
:ロードマップが10年先まである
:リップル開発のジハン・ウー氏が投資している

CEOのジャスティン・サンとは?
:リップル開発にかかわった
:音楽ストリーミングサービス「Peiwo」のCEOでもある
:積極的にツイッターで情報発信を行っている

私が見た中でも、「価格が低いコイン」の中も、実世界での活用が決まっていて、提携会社があり、財団の後ろ盾があり
現実的に実現できそうで、これだけの高騰材料があるものは、かなり希少です。
私が迷いなく突っ込んだ理由が分かるのではないでしょうか?

追記>思ったよりアクセスがかなりありましたので注意点を付け加えます。

ただし、「ファクト・ザ・セル」という言葉もあるので、個人的にはテクニカルを見て買った方がいいとは思います。
プロほど、「早い段階で情報を仕入れて人より早く買って」→噂が広まってイベントに向けて上昇していったら→事実を確認して一旦売り抜ける

個人トレーダーでしたら高値掴みには気を付けましょう。
ストキャスティックRSIがバイナンスにはありますので、そういうのを参考にするといいでしょう。
機会があれば別記事で紹介します。

ネットの反応

https://twitter.com/tron_ka/status/948542169379323904

当日

追記

1月10日けっこう悪材料が出て半分くらい下がっています。
以下のような噂が広まったのも一因でしょう。

確かに売りたくなる材料ですね。
ただ、提携とかバーンとかは本当ですからね。

ここは一時的な欠陥が発覚しただけで、技術や提携の進歩を信じてガチホするか、
こんな信用ならんパクリ会社なら損切りするか?
というところでしょう。

しかし、今回の下落の本当の原因は別のところにあります。
これはリップルの大下落とも関係あるのですが
価格や時価総額を決めるcoinmakrtcapから、韓国の取引所の数字を除外したためです。
それによる価格下落。

個人的にはそんなことより、リップルとかも韓国の取引所全然価格違うから余裕でアービトラージ出来るな、、と思ってしまいましたね。
多分誰か始めるかも。
でも普通にガチホしていた方が楽だし儲かると思うので、めぼしいものを見つけることに力を注いだ方がいいでしょう。

追記ここまで============

トロン(TRX)の購入の仕方は?

私が迷いなく買ったのはBINANCEでありますが、なんと昨日1月5日あたりに「新規顧客受け入れ一時停止」が発表されました!
それだけ急激に私を含めた顧客が殺到したらしく、サーバーとサポートが追い付かないのでやむを得ない処置のようです。
あなたが見たタイミングで受け入れ再開しているようでしたら、BINANCEがベストだと思いますので、
コインチェックなんかより、ETHかBTCを送って、トロンを購入するのが良いと思います。
ETHの方が手数料安いですが、5日前後は、ETHが詰まっていてBTCより着金が遅い状況です。
一時的なことだとは思います。

>>再開しています!

あとは、HitBTCなんかで扱われているようですが…。

HitBTC
Liqui
Gatecoin
Bit z
Yobit
Gate

これら見ましたが、取引量少なすぎて、約定するのか心配ですね…。
やはりバイナンスで購入数のがよさそうに思えます。

Kucoinにも、coinexchangeにもなかったですね。Kucoinにはあって欲しかった。KucoinはADAも扱ってないんですね。

まとめ

ということで、今のところ私が調べた中では最も、上昇の確実性が高いように感じました。(もちろん決断は自己責任で!)

他の記事にもありますように、バイナンスがが一番使い勝手が良くて、通貨の扱いも最高だと思っています。
「手数料格安」「チャート見やすい」「逆指値置ける!」
ということで、確実にひとつ持っておきたいところ。

その後を追記していきます

実際、「取引所上場砲」ってどれくらいすごいことなのか?
しょぼることはないのか?「上場=爆上げ」という認識は100%と考えていいのか?
そのへんを確認していきたいと思います。

17時:18.73円

どうなるでしょう…

実際追いかけましたが20円に一瞬なりましたが、その後むしろ下げています。
これは韓国のこの取引所の問題もありますが、別記事でこのことについて詳細に記事にしたいと思います。

■関連記事

>>上場したら爆上げするとは限らない?いろいろな事例から分かったこと

>>TRX(トロン)暴落の原因は?3つの説

Sponsored Links



>>ICO・草コイン・超マイナー情報をシェアしていくメルマガ
*パスワードかかっている記事も登録することで読むことが出来ます。




■一目で分かる取引所比較表!




私のおすすめ
・とりあえず「zaif」も「coincheck」も開く。(zaifが今本人認証が遅い)
・物足りなければ「BINANCE」 or 「Kucoin」を開く

個人的感想
・「逆指値が出来る」「取り扱い通貨が豊富」「手数料最安」という意味ではBINANCEが最高だと思う。


登録は以下より

■zaif

>>国内取引手数料最安、スプレッドも最高、zaifに登録はこちら



■coincheck
>>操作性がよく初心者でも使いやすい!国内最大取引所coincheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

■BINANCE

>>初心者卒業したらBINANCE


■Kucoin

>>第2のBINANCEと名高いKucoin




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

HN:ラストラン!
2018年、仮想通貨バブルで成功しなかったら
多分一生億れないと思っています。
ラストチャンスと覚悟を決め
投資に対してラストランになるため
全力で勉強して、絶対に億を掴みます!
私の実践記、戦略お役立ち記事を
シェアしていきます!

ピックアップ記事

  1. ビットフライヤーがヤバイ、ということを5月9日に山本一郎氏が発言して、大炎上していた。 そして…
  2. 仮想通貨格付けについて2018年5月での最新情報をお送りします。 格付けで有名なのはwiess社で…
  3. 仮想通貨の取引を行っている方には、マイニングによって収益を得ている方もいらっしゃるでしょう。 マイ…
  4. ブラックマンデー発生!とネットで大騒ぎです。 昨日お伝えしたことが現実になってしまいました。「企業…
  5. エイダコイン(カルダノ)の将来性と購入方法についてお伝えしていきます。 1月23日の初の仮想通貨格…

免責事項

当サイトは、仮想通貨やFXの売買に関してお勧めしているものではございません。
個人投資家の戦略・展望・調べたこと・資料としてシェアを目的にお届けしております。
ご自身でアクションを起こされる場合は、
時代の流れも早いので、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。

いかなる状況になろうとも、ご自身で出した損失に対して、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

投資は自己責任で!

ページ上部へ戻る