トランプ大統領辞任ショックが現実味!?為替警戒の反応まとめ

ロシアゲート疑惑の渦中にあるトランプ大統領。大統領として未だかつてない言動やツイッターによる発信で全世界を驚かせてきましたが、このロシアゲート疑惑はこれまでとは一線を画す事態を引き起こすかもしれません。
というのは、トランプ大統領が辞任に追い込まれる可能性もあるからです。
もしトランプ大統領辞任なんてなったら、為替をはじめとした市場は辞任ショックとなるのでしょうか?
過去事例も含め見ていきましょう。

Sponsored Links

トランプ大統領辞任ショックが現実味!?為替は警戒したほうがいい?

では、なぜこのロシアゲート疑惑がこれほどまでに重要な事件になっているのでしょう。
事件の発端から簡単に解説しますと、昨年のアメリカ大統領選挙においてロシア政府がトランプ側に有利になる介入を行ったのではないかという疑惑がありました。それをFBIが調査していたのですが、トランプ大統領が当時のFBI長官であるコミ―氏を突然更迭したことで、大きなニュースとなりました。

もし、このロシアゲートが疑惑でなく、真実であるならば、トランプ大統領は半ばロシアに操られるように大統領になったことになり、前代未聞の辞任劇に発展することは避けられません。また、真実が明らかになる前にトランプ大統領が辞任の意向を表明する可能性もあります。就任から1年を待たずしてトランプ大統領が辞任するなんてことが起これば、これまでのツイートで株と為替のマーケットに立ててきた波風とは比較にならない大波乱が起こりそうです。

では、このロシアゲート疑惑に対し、当のトランプ大統領のスタンスは、というと、疑惑はフェイク(嘘)ニュースで当然辞任は100%ないと言い切っています。
6月9日のトランプ大統領弁護士の会見でも、「コミー氏の証言で、トランプ大統領は、去年の大統領選挙でトランプ陣営とロシアの関係をめぐる捜査を妨害する意図が決してなかったことが明らかになった。
そして、トランプ大統領がコミー氏に捜査の中止を命じたり提案したりしたことはなかったことが示された」という声明が発表されています。

つまり、現時点では疑惑は疑惑のまま。6月8日のコミ―前FBI長官の公聴会での証言もこの事件を解決する決定打とはならなかったようです。そして現在、トランプ大統領はロシアゲート疑惑というより、大統領の権力を利用した強引な手法を使っている「大統領としての適格性」で対する民主党から批判を受けています。
ロシアゲート疑惑が持ち上がって以降のニュースだけでは、これがトランプ大統領の辞任に至る可能性というにはやや難しい印象です。

Sponsored Links

辞任ショックが起きたときの予想と過去事例

仮に、トランプ大統領が辞任したとなれば、株や為替にどんな影響があるか予想してみましょう。
過去、アメリカで似たケースは、ロシアゲートというネーミングの由来にもなっていますが、ニクソン大統領が辞任することになった「ウォーターゲート事件」です。

ウォーターゲート事件は1972年、ニクソン大統領の当時の政敵であった野党民主党に盗聴器を仕掛けようとした事件を発端に、その操作妨害などが問題となり、最終的にニクソン大統領の辞任で幕を閉じました。
このウォーターゲート事件前後のアメリカのダウ平均株価を見ると、事件前の1973年2月頃は1000ドルをやや下回る程度でしたが、辞任のあった1974年8月以降は急落し、同年の12月には600ドルを切る、40%超の下げ幅を記録しました。

為替については、チャート上では円/ドルにあまり大きなショックはありませんでした。
これは日本がまだ世界的に見て経済規模が今よりもずっと小さかったことや変動相場制になって間もない時期だったことも影響していると考えられます。

ロシアゲート事件による辞任、「ロシアゲートショック」が起きるとするならば、ニクソンショック同様、アメリカのダウ平均株価は急落することは間違いなさそうです。
為替はニクソンの頃と大きく異なります、今、日本円は比較的安全資産(値動きが穏やか)とされていて、リスクオフ資産として世界的な人気があるので円は急騰、円高になると考えてよいでしょう。

ネットでも辞任ショック懸念の声が

ここで少し、トランプ大統領辞任についてネット上での反応をまとめてみたいと思います。

「もしトランプ辞任しても株価下げないのでは。トランプ大統領辞任を好感してNYダウは連日史上最高値を更新していますとかいう展開もなきにしもあらず?」
「トランプがあっさり辞任から、普通の共和党政権になって株価爆上げって本当にありそうで怖い」
「ドル急落、株価急落に見られるように、トランプ政権の崩壊は時間の問題らしい。」
「トランプリスクで株価頭打ちなら民主党政権の時みたいに、総理辞任で株価上がる奴の再現くるかな」
「コミーFBI長官が大統領選中のトランプ陣営とプーチンとの連携を操作中だと明言してから、株価が動揺しましたね。側市場もトランプ辞任を読み込み始めたよう」
「東京株式市場は、アメリカの安全保障政策担当のフリン大統領補佐官が辞任したことで、トランプ政権の先行きへの懸念、売り注文が集まり、株価は大きく値下がり。」
「トランプは本気で、第2スーパー301条、&プラザ合意を仕掛けて来る!!日本は再び超円高不況に突入!!株価1万以下に成る!!」
「株も為替も,トランプ弾劾・辞任を織り込み始めてる気がする。」
「今の為替市場、どれを取っても円高要素だらけ・・・」
「NYは金利更に下がり、ダウ、リート続落。やはりロシアゲートが嫌気されているか?為替もドル安継続。」
「ドル円はロシアゲートと朝鮮半島情勢への警戒感から伸び悩む展開か」
「日本株は為替だけなので、米の10年債の利回り低下は日経平均の売りに直結する。ロシアゲートのため、日経平均は売られ続ける」

出典:twitter

以上、ネットの反応でした。
株価や為替は生き物なので、上がるか下がるかはその時にならないとわからないものですが、ネットの反応として、ニクソンショックの歴史にならい大荒れ、不況を予測する意見よりは、トランプ大統領が辞任することで、アメリカが良くなる期待感から株価が上がって為替も円安方向に振れると予想する人がやや多い印象でした。
アメリカ大統領でこれまでに辞任した例は、先のニクソン大統領のみ。辞任があれば当然、株と為替は大揺れしそうですが、続投決定でも大揺れしそうな印象を与えるのはトランプ大統領ならではという気もしますね。

Sponsored Links


>>ICO・草コイン・超マイナー情報をシェアしていくメルマガ
*パスワードかかっている記事も登録することで読むことが出来ます。




■一目で分かる取引所比較表!




私のおすすめ
・とりあえず「zaif」も「coincheck」も開く。(zaifが今本人認証が遅い)
・物足りなければ「BINANCE」 or 「Kucoin」を開く

個人的感想
・「逆指値が出来る」「取り扱い通貨が豊富」「手数料最安」という意味ではBINANCEが最高だと思う。


登録は以下より

■zaif

>>国内取引手数料最安、スプレッドも最高、zaifに登録はこちら



■coincheck
>>操作性がよく初心者でも使いやすい!国内最大取引所coincheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

■BINANCE

>>初心者卒業したらBINANCE


■Kucoin

>>第2のBINANCEと名高いKucoin




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

HN:ラストラン!
2018年、仮想通貨バブルで成功しなかったら
多分一生億れないと思っています。
ラストチャンスと覚悟を決め
投資に対してラストランになるため
全力で勉強して、絶対に億を掴みます!
私の実践記、戦略お役立ち記事を
シェアしていきます!

ピックアップ記事

  1. ブラックマンデー発生!とネットで大騒ぎです。 昨日お伝えしたことが現実になってしまいました。「企業…
  2. エイダコイン(カルダノ)の将来性と購入方法についてお伝えしていきます。 1月23日の初の仮想通貨格…
  3. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 …
  4. RaiBlocks(ライブロッククXRB)が今後バイナンス上場でどうなるか注目です。 バイナン…
  5. 買ってはいけない仮想通貨はこれ、ロニーモアス氏のツイートで銘柄が出てました。 人によって言うことは…

免責事項

当サイトは、仮想通貨やFXの売買に関してお勧めしているものではございません。
個人投資家の戦略・展望・調べたこと・資料としてシェアを目的にお届けしております。
ご自身でアクションを起こされる場合は、
時代の流れも早いので、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。

いかなる状況になろうとも、ご自身で出した損失に対して、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

投資は自己責任で!

ページ上部へ戻る