Omnitude(ECOM)の購入方法とその評価とは?「チームがいい」「アイデアは新鮮ではない」

本日紹介するICOは、画期的なコンセプトでソフトウェアを実現するプロジェクト「Omnitude(ECOM)」です。
具体的なアプリケーションではなく、それらを支える基盤技術になります。
今回は3月後半からセールが始まる「Omnitude」について、その購入方法と特徴を紹介しましょう。

Sponsored Links


Omnitude(ECOM)の購入方法

Omnitude(ECOM)にサインアップします。

必要事項を入力します。パスワードは大文字と記号も入っていて12文字以上じゃないと通りません。例:Abcdefg123##


メールが届くので確認URLをクリックしましょう。

dashbordにログインできます。ブックマークしておきましょう。

buy tokenをクリックすると、開始日時になればアドレスが表示されるはずですので、そこに送ることになります。

*すべてにおいて偽サイトに注意!特にgoogle検索の広告は要注意です。以下のリンクは大丈夫です。

・日本の取引所口座
*最近どこもトラブルニュースがありますが、とりあえず手数料最安はZaifです。Zaifはこちらから(開設まで1,2週間かかります)

MyEtherWallet を開いておく

*MyEtherWalletの開き方、送金の仕方はこちら

 

■購入の流れ

・日本の取引所に日本円を入金
*zaifからの入金・送金方法はこちら

・イーサリアムを、購入したい額+手数料(おおよそですが1200円くらい見ておけば良いかと)購入
*投資・投機はあくまで消えてもいい額ですよ!どんなに素晴らしいものでも

・イーサリアムを「MyEtherWallet」に送金
*MyEtherWalletの開き方、送金の仕方はこちら

・ダッシュボードより、送信先のアドレスをコピー
*送る通貨と同じアドレスじゃないと送信失敗で消える可能性もあるので間違えないように

・「MyEtherWallet」から上記アドレスに送る

・入金確認。ダッシュボードに表示されます。その後のことは上場の情報などきますので運営の指示を待ちましょう。

 

 

Omnitude(ECOM)の概要

本プロジェクトはソフトウェアに位置づけられるものです。
ソフトウェアといっても、スマホのアプリのように、ユーザーが直接使うものではなく、
それらを支えるインフラ技術とも言えるものです。

概要には、ブロックチェーンを使って、既存のシステムを交換すること無しに、高速に置き換えることができると書かれています。
要するに、「すぐに導入できますよ」ということですね。

ちなみに、このように「下支えしてくれているソフトウェア」の一つに、ミドルウェアと呼ばれる種類のものがあります。
Omnitude(ECOM)はミドルウェアということです。
厳密には、ユーザーと、さらに奥で動いているシステムとのブリッジをするのが一般的ですが、Omnitudeは何が画期的なのでしょうか。

大きくは二つあります。

一つは、現在のサプライチェーンやイーコマースなどの商流をブロックチェーンで統合すること。

もう一つは、開発者がプロダクトをイメージしてから開発・リリースするまでの作業をブロックチェーンで実現しようとしていることです。

両者とも、性質は違いますが、なんらかのフローを持っています。このフローにブロックチェーン技術を導入していこうというのがプロジェクトの達成目標です。

ICOに関する情報は以下のとおりです。

トークン: ECOM
プラットフォーム: Hyperledger
参加可能通貨: ETH, BTC
最小投資価格: 150 USD
ベース企画:
レート:
PreICO Price: 1 ECOM = 0.40 USD
Price: 1 ECOM = 0.46 USD
トークンセールの日程: 2018-03-28 – 2018-04-25
ソフトキャップ: 10,000,000 USD
ハードキャップ: 20,700,000 USD
トークンセール最低参加価格:0.014135890673022 BTC 0.19391338212409 ETH 2万円弱というところですね。
トークンセール最高参加価格:2.9449772235462 BTC  40.398621275853 ETH  400万円弱というところ
国: UK(イギリス)
上場の時期:
Twitter: https://twitter.com/Omnitudeorg
Webサイト: https://omnitude.tech/
テレブラム: https://telegram.me/Omnitudechat
ホワイトペーパー: https://files.acrobat.com/a/preview/75fe0af9-d98b-4002-863c-138b43a131ef

 

参考:https://icobench.com/ico/omnitude

 

Omnitude(ECOM)の評価・魅力とは?

Omnitude(ECOM)の評価は、エキスパート4.7(24人)、 ICO PROFILE で4.9と高評価です。


個別の評価は後ほど掲載しますが、どうしてこんなにも評価が高いのでしょうか。

Omnitudeの掲げる具体的な目標として、主なものを列挙してみます。

・イーコマースでの詐欺を劇的に減らす
・Omnitudeを通じて顧客のユーザー体験を可能とする
・ブロックチェーンでERPやWMSを統合する

・・・すみません、下手な英訳なので、よく分かりませんよね。

ただ、一つ言えることは、前述したとおり、既存の商流に革命をもたらそうとしていることは間違いありません。

例えが間違っているかもしれませんが。。。
現在はイーコマースにしろ何にしろ、マーケティングのためのプラットフォームが散在しています。
それぞれのシステムで、当然ながら取引の整合性チェックをやったり、詐欺かどうかを判定しています。
これらをOmnitudeで接続して、より効率的なプラットフォームを構築しようとしているのではないでしょうか。

ついで、というわけでなくメインターゲットの一つでもありますが、この目標のために、
開発者がスピーディに開発を行い、改善を行っていく仕組みも構想には入っていると見受けられます。
上記のような作業は開発者がやっていたことですが、ミドルウェアですでに実現されているとなれば、
開発コストは格段に下がります。

一つ例を挙げれば、クラウドソーシングの業者は、恩恵を受けられる一つの業種かもしれません。
読者の中にはこうしたサイトを通じて活動なさっている方も、ひょっとしたらいるかもしれません。
業者は最近、違法な仕事依頼を撲滅するために手を打ってはいますが、
Omnitudeのようなミドルウェアで、そうした部分をやってくれれば、業者は自身のビジネスにもっとリソースを投入できることでしょう。

あとは、SNSのフェイクニュースとか、不適切コンテンツの検出、といったところが、アプリケーションではなくてミドルウェアでできたら、開発者はそうとう楽になるでしょう。

Omnitude(ECOM)の専門家の評価まとめ

さて、高評価のOmnitude(ECOM)ですが、専門家はどう考えているのでしょうか。

興味があるプロジェクトだね。注目してる。
すごいプロジェクトだしチームも良いね。
言うほど驚きもしないし新鮮なアイデアじゃないけど、必要とされてると思う。
興味深いテクノロジーだ。
新しくもユニークでもないと思う。でもチームはOKだから実装はできるんじゃないかな。
ブロックチェーン/インフラになるかどうかは分からないな。
既存システムと統合しようという発想は興味深い。
もっと投資家からのアドバイスをもらった方がいいよ。
大きなプロジェクトだけど、どのプロダクトと組むかが難しいね。
ブロックチェーンが持っている脆弱性も考慮すべき。

この他、Omnitudeと他のシステムとの統合がうまくいくか、技術的な観点からコメントしている人もいます。
専門的になるので上記では省略してしまいましたが。

まとめ

専門家の意見は、「興味を持った」というコメントの一方、既存システムとの統合を目標にしているところを懸念しているコメントも多いようですね。

ただ、チームは悪くないので、プロジェクトはどうにかなるだろう、という印象がコメントからうかがえます。

筆者個人の意見としては、専門家たちと似たようなことになりますが、肝は、既存システムとどれだけ統合していけるか、がポイントだと思います。

正直なところ、筆者は技術者として、いくつかのミドルウェアでビジネス向けのアプリケーションを作ってきました。ですから、同じミドルウェアの製品を置き換えるのは比較的難しくないと思います。
しかし、世の中にはたくさんミドルウェアがありますし、実際稼働しています。

Onmitudeのコンセプトには非常に共感する点があります(何せデベロッパーがやってたことをミドルウェアでやってくれるのですから、楽にはなります)。
あとは、どうやって散在しているミドルウェアたちを統合していくか、という、技術的な問題と、政治的(企業との交渉とか)が難しいような気もします。

ただ、チーム自体はとても良いとのことなので、そうした課題も、すぐには難しいでしょうが、着実にこなしていく力はあるプロジェクトではないでしょうか。

こちらも、あくまで個人的な意見ですが、キャピタルゲインを目的とするよりは、投資とか出資するぐらいの気持ちの方がいいかもしれませんね。


>>ICO・草コイン・超マイナー情報をシェアしていくメルマガ
*パスワードかかっている記事も登録することで読むことが出来ます。




■一目で分かる取引所比較表!




私のおすすめ
・とりあえず「zaif」も「coincheck」も開く。(zaifが今本人認証が遅い)
・物足りなければ「BINANCE」 or 「Kucoin」を開く

個人的感想
・「逆指値が出来る」「取り扱い通貨が豊富」「手数料最安」という意味ではBINANCEが最高だと思う。


登録は以下より

■zaif

>>国内取引手数料最安、スプレッドも最高、zaifに登録はこちら



■coincheck
>>操作性がよく初心者でも使いやすい!国内最大取引所coincheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

■BINANCE

>>初心者卒業したらBINANCE


■Kucoin

>>第2のBINANCEと名高いKucoin




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

HN:ラストラン!
2018年、仮想通貨バブルで成功しなかったら
多分一生億れないと思っています。
ラストチャンスと覚悟を決め
投資に対してラストランになるため
全力で勉強して、絶対に億を掴みます!
私の実践記、戦略お役立ち記事を
シェアしていきます!

ピックアップ記事

  1. ビットフライヤーがヤバイ、ということを5月9日に山本一郎氏が発言して、大炎上していた。 そして…
  2. 仮想通貨格付けについて2018年5月での最新情報をお送りします。 格付けで有名なのはwiess社で…
  3. 仮想通貨の取引を行っている方には、マイニングによって収益を得ている方もいらっしゃるでしょう。 マイ…
  4. ブラックマンデー発生!とネットで大騒ぎです。 昨日お伝えしたことが現実になってしまいました。「企業…
  5. エイダコイン(カルダノ)の将来性と購入方法についてお伝えしていきます。 1月23日の初の仮想通貨格…

免責事項

当サイトは、仮想通貨やFXの売買に関してお勧めしているものではございません。
個人投資家の戦略・展望・調べたこと・資料としてシェアを目的にお届けしております。
ご自身でアクションを起こされる場合は、
時代の流れも早いので、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。

いかなる状況になろうとも、ご自身で出した損失に対して、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

投資は自己責任で!

ページ上部へ戻る