日経平均大暴落の原因は?今後どうなるかの予想まとめ

2018年2月5日日経平均暴落ということで久しぶりですね。
一時600円の値下げ、午前の終値は、565円51銭安となりました。なかなかのインパクトですね。

今回の原因や今後の予想をネットの声やテクニカルから見ていきましょう。

Sponsored Links


日経平均大暴落の原因は?

日経平均大暴落の原因はなんでしょうか?

報道で言われているのは以下の点

・アメリカ市場の株価下落。ダウも-665.75$ 約2.5%の下落です。
・アメリカの長期金利が急速に上昇

報道はこのくらいですね。

テクニカル的には「そろそろ危ない」ということが言われていました。

特に暴落直前のシグナルとしてみられるのが
VIXとバフェット指数。
VIXは恐怖指数と言われますね。解説は割愛しますが、素人が見ても「これはな~」と一目瞭然で分かる
暴落シグナル。

日経VIX

出典:https://nikkei225jp.com/data/vix.php

バフェット指数

出典:https://fred.stlouisfed.org/graph/?g=qLC
まさにリーマンショック前以上!

相場過熱の声は以前からありました。

ただし、これが一時的なのか、崩壊の始まりかは断言できません。世間の声としては前者が多いですね。

Sponsored Links


ネットの反応まとめ

楽観している人が多い印象ですが、ここは傍観でしょう。

焦って買う必要はないとは思います。
また、「企業が好調だから株高になる」というのは間違いだと思います。

株価は、企業の健全性と相関性が絶対ではありません。
どちらかというと投機の影響が大きいわけです。

なのでテクニカルチャートと睨み合いした方がまだ健全だと思います。

まとめ

株価も、仮想通貨もみんなまっかっかですね。

こんな時に余裕をもって見ていられるトレーダーでありたいですね。

私はこんな時に仮想通貨買い仕込みましたねー。Medicalchainです。
ICOで買えなくて今日どれくらいになるかなと思ってみていて2倍くらいだったので即買いしました。

■関連記事

ブラックマンデー大暴落で今後どうなる?リーマンショック時の教訓を3つ教えよう

Sponsored Links



>>ICO・草コイン・超マイナー情報をシェアしていくメルマガ
*パスワードかかっている記事も登録することで読むことが出来ます。




■一目で分かる取引所比較表!




私のおすすめ
・とりあえず「zaif」も「coincheck」も開く。(zaifが今本人認証が遅い)
・物足りなければ「BINANCE」 or 「Kucoin」を開く

個人的感想
・「逆指値が出来る」「取り扱い通貨が豊富」「手数料最安」という意味ではBINANCEが最高だと思う。


登録は以下より

■zaif

>>国内取引手数料最安、スプレッドも最高、zaifに登録はこちら



■coincheck
>>操作性がよく初心者でも使いやすい!国内最大取引所coincheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

■BINANCE

>>初心者卒業したらBINANCE


■Kucoin

>>第2のBINANCEと名高いKucoin




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

HN:ラストラン!
2018年、仮想通貨バブルで成功しなかったら
多分一生億れないと思っています。
ラストチャンスと覚悟を決め
投資に対してラストランになるため
全力で勉強して、絶対に億を掴みます!
私の実践記、戦略お役立ち記事を
シェアしていきます!

ピックアップ記事

  1. ビットフライヤーがヤバイ、ということを5月9日に山本一郎氏が発言して、大炎上していた。 そして…
  2. 仮想通貨格付けについて2018年5月での最新情報をお送りします。 格付けで有名なのはwiess社で…
  3. 仮想通貨の取引を行っている方には、マイニングによって収益を得ている方もいらっしゃるでしょう。 マイ…
  4. ブラックマンデー発生!とネットで大騒ぎです。 昨日お伝えしたことが現実になってしまいました。「企業…
  5. エイダコイン(カルダノ)の将来性と購入方法についてお伝えしていきます。 1月23日の初の仮想通貨格…

免責事項

当サイトは、仮想通貨やFXの売買に関してお勧めしているものではございません。
個人投資家の戦略・展望・調べたこと・資料としてシェアを目的にお届けしております。
ご自身でアクションを起こされる場合は、
時代の流れも早いので、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。

いかなる状況になろうとも、ご自身で出した損失に対して、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

投資は自己責任で!

ページ上部へ戻る