mydfsの購入方法とその評価とは?「大企業とも契約実績のある強いチーム」

今回ご紹介する案件はファンタジースポーツと呼ばれる分野のICOです。

恥ずかしながら筆者はファンタジースポーツというジャンルを初めて知りました。
が、業界としては大きな規模のようです。
以下の参考記事を読むとよく分かります。

【参考:日経ビジネスオンラインの記事】 http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/134915/110900002/

mydfsはファンタジースポーツの業界を再定義するためのプラットフォームを目指したプロジェクトです。
今回はmydfsの購入方法、評価、魅力をご紹介していきます。

Sponsored Links


mydfsの購入方法

これは基本のICOを購入するパターンと推測できます。(まだ始まってないので)

公式よりサインアップ。

MyEtherWalletにEtherを準備しておき送金、のパターンです。

以下、日本の取引所からやる場合について

*すべてにおいて偽サイトに注意!特にgoogle検索の広告は要注意です。以下のリンクは大丈夫です。

・日本の取引所口座
*最近どこもトラブルニュースがありますが、とりあえず手数料最安はZaifです。。Zaifはこちらから

*末永く使うなら私が試した中で一番よい取引所はBitbankです。ここがベスト!

やり方は以下・

MyEtherWallet を開いておく

*MyEtherWalletの開き方、送金の仕方はこちら

 

■購入の流れ

・日本の取引所に日本円を入金
*zaifかbitbankからの入金・送金方法はこちら

・イーサリアムを、購入したい額+手数料(おおよそですが高くて1200円くらい見ておけば良いかと)購入
*投資・投機はあくまで消えてもいい額ですよ!どんなに素晴らしいものでも

・イーサリアムを「MyEtherWallet」に送金
*MyEtherWalletの開き方、送金の仕方はこちら

ダッシュボードより、送信先のアドレスをコピー
*送る通貨と同じアドレスじゃないと送信失敗で消える可能性もあるので間違えないように

・「MyEtherWallet」から上記アドレスに送る

・入金確認。ダッシュボードに表示されます。その後のことは上場の情報などきますので運営の指示を待ちましょう。

mydfsの概要

ファンタジースポーツは、前述の参考記事にもありますように、2015年時点のアメリカで
1.8兆円規模の市場となっており、今もその規模は拡大していると思われます。

ファンタジースポーツは、日本のゲームソフトで見かける「プロ野球チームを作ろう」みたいなのを
現実に近づけたゲームというかスポーツです。
産業といっても良いかもしれません。

自分がチームのジェネラルマネージャとなり、現実世界のスポーツプレイヤーの実績と連動したポイントを稼ぎ、
賞金を得るのが目的です。
実際に億万長者も現れているそうですから、もはやビジネスのような気もしますね。

さて、mydfsはこの業界にどんなインパクトを与えるのでしょうか。
実は、プロジェクトは派手なプロダクトを目指しているわけではありません。
ファンタジースポーツ業界にもいくつかの大手企業があるようなのですが、
それらと戦うわけではなく、プレイヤーが公平で安心してプレイできるような
プラットフォームを作り、業界を再定義するのが、mydfsプロジェクトの目指すところです。

ブロックチェーンとスマートコントラクトでそうした公平性と安心感を実現し、
業界に新しく参入しやすいプラットフォームを提供するとのことです。

ICOに関する情報は以下のとおりです。

トークン: MYDFS
プラットフォーム:Ethereum
参加可能通貨: ETH、BTC、DASH、ETC、BCH、LTC
最小投資価格: 0.223 ETH
ベース企画: ERC20
レート: 1 MYDFS = 1 USD
トークン配布数: 50,000,000
トークン配布率: 40%
トークンセールの日程: 2018-05-21 – 2018-06-12
ソフトキャップ: 4,000,000 USD
ハードキャップ: 40,000,000 USD
国: マン島
上場の時期: 
Twitter: https://twitter.com/@mydfs_net
Webサイト: https://www.mydfs.net
テレブラム: https://t.me/mydfs
ホワイトペーパー: https://www.mydfs.net/whitepaper
制限地域: アメリカ合衆国、中国、シンガポール

参考: https://icobench.com/ico/mydfs

Sponsored Links


mydfsの評価・魅力とは?

mydfsのICOBenchでの総合評価は4.4、専門家28人の評価は4.8です。
なかなかの高評価と言えますね。

mydfsのマイルストーンを見てみると、ICOと同時にいくつかの国でテストを開始するようです。
ということは、基本的な機能は作成済みということですね。

ICO後は、サッカーリーグに対してプラットフォームの準備を行うと言うことです。
ただ、その後についてはまだ未定の要素が多いようです。

と、マイルストーンだけ見ると「どうかなあ?」という感じもしますが、
ファンタジースポーツは既に成り立っている産業であることと、プロジェクトがそのプラットフォームにチャレンジするという点で、
手堅いプロジェクトなのではないかと思います。
「大手と勝負するつもりはない」といっているところも、堅実にプロジェクトを進めようとしていることの表れではないでしょうか。

この他、MYDFSトークンはゲーム内での支払いに利用できるということなので、
これからファンタジースポーツに参加してみようと思っていらっしゃる方は、
ICOでトークンを買っておくのも良いかもしれませんね。

あと、Webサイトが日本語なので、英語が苦手でも詳細情報を把握できますよ。

mydfsの専門家の評価まとめ

では、専門家がmydfsにどんなコメントを寄せているのか見てみましょう。

大企業とも契約実績のある強いチームだよ。
ビジョンが好きだね。あと、チームについてもっと知りたい。
良いアイデアだ。
マーケティングについてもっと説明する必要があるよね。
アイデアは良いけどチームはどうかまだ分からないなあ。
ブロックチェーンをこの分野で使うのは素晴らしいアイデア。
アメリカでは難しいけれど、国際的には広まるかも。
実装とマーケティングによるかな。

専門家たちもビジョンは高く評価しているようです。
ただ、マーケティングの面で懸念する声もありますね。

まとめ

前述のように、発想は良いプロジェクトだと思います。
ただ、確かにマーケティングをどうやっていくのか、ターゲットはどこなのか、
そういった点は不明瞭な気がします。

本格的にマーケティングを始めるのは6月に入ってからのようですから、
少し様子を見て、mydfsを購入するかどうか検討してもよいのかなと思います。

Sponsored Links



>>ICO・草コイン・超マイナー情報をシェアしていくメルマガ
*パスワードかかっている記事も登録することで読むことが出来ます。




■一目で分かる取引所比較表!




私のおすすめ
・とりあえず「zaif」も「coincheck」も開く。(zaifが今本人認証が遅い)
・物足りなければ「BINANCE」 or 「Kucoin」を開く

個人的感想
・「逆指値が出来る」「取り扱い通貨が豊富」「手数料最安」という意味ではBINANCEが最高だと思う。


登録は以下より

■zaif

>>国内取引手数料最安、スプレッドも最高、zaifに登録はこちら



■coincheck
>>操作性がよく初心者でも使いやすい!国内最大取引所coincheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

■BINANCE

>>初心者卒業したらBINANCE


■Kucoin

>>第2のBINANCEと名高いKucoin




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

HN:ラストラン!
2018年、仮想通貨バブルで成功しなかったら
多分一生億れないと思っています。
ラストチャンスと覚悟を決め
投資に対してラストランになるため
全力で勉強して、絶対に億を掴みます!
私の実践記、戦略お役立ち記事を
シェアしていきます!

ピックアップ記事

  1. ビットフライヤーがヤバイ、ということを5月9日に山本一郎氏が発言して、大炎上していた。 そして…
  2. 仮想通貨格付けについて2018年5月での最新情報をお送りします。 格付けで有名なのはwiess社で…
  3. 仮想通貨の取引を行っている方には、マイニングによって収益を得ている方もいらっしゃるでしょう。 マイ…
  4. ブラックマンデー発生!とネットで大騒ぎです。 昨日お伝えしたことが現実になってしまいました。「企業…
  5. エイダコイン(カルダノ)の将来性と購入方法についてお伝えしていきます。 1月23日の初の仮想通貨格…

免責事項

当サイトは、仮想通貨やFXの売買に関してお勧めしているものではございません。
個人投資家の戦略・展望・調べたこと・資料としてシェアを目的にお届けしております。
ご自身でアクションを起こされる場合は、
時代の流れも早いので、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。

いかなる状況になろうとも、ご自身で出した損失に対して、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

投資は自己責任で!

ページ上部へ戻る