MOOVERのICOの評判は?「コンセプトとWPは素晴らしい」「CEOが誰だかわからんのが心配」

MOOVERのICOの評判についてお伝えしていきます。

私も最近になってICO案件をあさるようになってきました。
本当にいろんな投資・手法をやってきたし、ビジネスもやってきましたが
「労働しなくていい」「当たれば100倍等行く可能性」「今熱い」といったらICOです。現にリップルで億った人は有名ですし、
イーサリアムも数十倍以上になった人をホリエモンが紹介していましたし(換金したか不明ですが)
Zcashは初日にまさかの一瞬だけですが5000倍行ってしまったし
仮想通貨の「初期値」で買いたいと考えた人がICOに行き着きますよね。私も「イーサリアム初期値で持ってたらな~」というレベル低い妄想から、きちんといろいろ調べた結果、ICOで戦略的にやっていこうと考えたのです。

もちろん詐欺も横行しているので気を付けながらですが、アホみたいに何百、何千万となくなったら困るお金を投入せず
少額分散投資すればいいだけです。投資とは余裕資金でやるわけですから、なくなる覚悟もあった上で
「これはいける!」と思うものの投資していきます。

ということで、現在噂になっているMOOVERについてお伝えしていきましょう。

Sponsored Links

MOOVERのICOの評判は?

ICO仮想通貨2017年最後のほうとなりました。MOOVERが今ICO中です。
ICOは過去事例を見ても分かる通り、仮想通貨公開、つまりローンチまでこぎつければ、だいたいが何倍にもなります。

リスクとしては、単純にICO失敗したり詐欺だった場合に「投資分がなくなる」というつもりでいればいいです。
詐欺だとか騒ぐ人いますが、何に投資するにしても「投資分がなくなる」ということを前提にやるのは
投資する側としては当たり前のことです。本当の詐欺に関しては、訴訟などに踏み切ればよいわけです。

で、ですね、まずMOOVERの評判についてですが、
いろいろ見てきた私の感想から掲載していきます。

私はCOMSAに40万投資して、他にも2件、これからちょっと遅れて、もうトークン発行しているものを購入しようとしているので
合計3件ICO購入、1件ローンチ直前の安い値で購入予定のものです。

で、MOOVERについてですが、ホワイトペーパーの内容についてはかなり簡単な紹介になってしまうので
全容についてはホワイトペーパーを読んでもらうとして、
簡単に言えば、「データ通信量のシェアリング」案件ということで、「ん?」と思った人、「おお!」と思った人
どちらもいるようですね。

自分の立場でそれが必要な人と、必要じゃない人がいるのでいろいろと感想が違うのですが
自分でなく、世界的に需要があるか、ないかで考える必要がありますね。

で、ICOに関して考えるべきポイントは3つです。

1、信頼性 (誰がやるか?)
2、現実性(本当に出来るの?)
3、差別化(他と違う!?)

というところです。

で、まず1の信頼性ですが、最初気になったのですが、MOOVERは「誰がやるか?」という点については、100点ではないです。
顔だしなしの条件の技術者の集まりです。
インタビュー見れば分かりますが、本当に技術者の集まりで、ちょっと凡人では理解できないレベルの話が横行しています。
顔写真なしの点については私の方からサポートに問い合わせました。

これは、熱いメールをもらったので信じることにしたのですが、技術者としてやっている人の集まりで昨今のICOスパムで
一部晒す人がいるので、技術者としてはネガティブ報道されると技術者としてやっていけなくなるリスクから
今回の形をとったということについてかなり長いメールをいただきました。
ほとんどの人がfacebook検索で引っかからなかったので問い合わせメールしましたが、説明を聞くと
確かに高い技術力がある人なので、この点についてはサポートを信じることにしました。
1人は元googleですね。あとはよく分からない人ではあります。
対応はしっかりしています。この点については、CEOインタビューのページを見て判断するといいと思います。

そして2の現実性について。
まず企画としては、あり、なものです。日本だけ考えると需要に関して「?」と思う人はいるかもしれませんが
世界的に見ると結構需要はあるもので、また、2020年前後の通信需要を考えると確かに理屈的に見ると
ビジネス的にあり、なことが分かります。

で、正直技術的に可能かどうかなんて、技術者でない我々素人には分かりません。
ブロックチェーンで、イーサリアムや、柔軟に場合によってはaetnityの技術を応用していくということで
これも、素人にはどうも判断できません。

しかし、ひとつすごく良かったのが「ホワイトペーパーがしっかりと作りこまれている」ということ。けっこういい加減なホワイトペーパーみたことありますね。資金調達ランキング5位以内のものの中には、「今後柔軟に対応していく」みたいなすごく曖昧なものもあって、「なんでこれがx位なの!?」と非常に疑問をもったものもありました。

そういう意味でMOOVERの良いところは、企画段階での綿密な技術精査(こちらで技術は理解できないが)実現に向けた具体的なプラン化については、見たホワイトペーパーの中ではトップクラスだと思いました。

さらに3の差別化について。
これは、差別化と、その具体性についてはいいアイデアだと思います。
データシェアリングについては、人によってはかなり必要だし
私だったら、「売る側」として、けっこう使いたいサービスです。いつも余ってますので、それでお小遣い稼ぎになるなら
本当に使いますよ。それでどこかの国の人がうれしい思いをしているのかもしれません。
アイデアとしてはいいと思います。

 

 

ということで、「なんじゃそれ?結局分からない!」と思った人がいるかと思いますが
ICOはそんなものです。株もそうですし、「未来予測」はすべてそうです。
どうなるか分からないのです。
どうなるか分からないものに関して、自分で覚悟を決めて、リスクを計算して投資するのがICOです。

それではネットの反応を見ていきましょう。

MOOVERネットの反応は?

「50億円で大丈夫ですか?お金足りますかね?」
「余ったモバイルデータ通信をどうやってお金とかトークンに変えるのか理解できない。出来るとしたらキャリアは追加データ購入が減るから損失よな」
「これからはいろいろシェアの時代になるのでありかと」
「社会貢献にもなりますね」
「キャリアがドル箱捨てるとは思えない。キャリアが圧力かけるかも。でもこういうサービスがあったらそりゃ参加したい」
「ちょっとロードマップがなあ」
「このコインは絶対欲しい」
「DENTっぽいやつ。ホワイトペーパーを見てみると結構しっかりしてるイメージ。」
「ホワイトペーパーはいい。かなりしっかり作りこまれていていい意味で技術者臭がする。」
「メンバーは元グーグルの人とかいてますねー。なかなか面白いですよ」
「ぶっちゃけMooverは不参臭い。 責任者の写真も経歴も追っかけて調べられない」
「コンセプトは素晴らしいけど、CEOの実態がよくわからんので怪しい」
追記
「え?上場するの?断言していいの? 上場するなら買いだけど」
「上場するって言いきっちゃったよ。それなら買ったら絶対やん」

出典:https://goo.gl/4MeiQD

正直なところですね。CEOの実態が分からないというのが心配のタネです。
しかし、コンセプトや企画、ホワイトペーパー、CEOの技術力がありそうなコメントは確かなところです。
これがどうなるかは蓋を開けて見ないと分からない、というところです。

追記として、日本サポートが「上場はします」と言い切りました。
嘘でないなら、私も買い増ししちゃいますね。半分は上場日に決済してもうけを出す戦略に切り替えるかもしれませんし。

上場するのが本当ならば、持っておいた方がいいですよね。




過去のICOを見てみよう

ということで、過去のあるICOを見てみましょう。
Zcashです。

これ見ると、普通に話題にしたくなるし、なんというか「ICOも投機的だなあ」というのも分かるし「夢もあるし、リスクも分かる」という
いい事例なので見てください。

まずはチャート。普通は右の方を見てしまうのですが、上場直後をみてください。つまり左です。

これ言葉で説明しますと以下になります。

2016年10月29日 1zec=5258$  なんと1日で5258倍!?
2016年10月30日 1zec=871$ なんとさらに1日で1/6に!?
2016年10月31日 1zec=520$ さらにさげる..
2016年10月31日 1zec=2100$ に一瞬暴騰 1日で4倍…
2016年11月1日 1zec=1702$
2017年2月 1zec=20$台 このへんが最低に
2017年5月 1zec=100$台回復 なんだかんだ5倍はすごい
2017年5月24日 1zec=257$  このへんでモルガンスタンレーが自身のシステムで使うことを発表
2017年11月現在 1zec=300$前後

公開日に上がったのを見て買った人はきついですが、プレで買って、初日に決済した人は5000倍だったかもしれませんね。
これも結果が出た後だから言えることです。
その場での判断というのは難しいので、簡単な話ではありません。

Zcashは、第2のビットコインと騒がれていたんですね。
ビットコインの匿名性が強い版という感じで。
そんなこともあり上場直後は盛り上がりましたが、
あれだけ上昇して、暴落したのは投機目的の人が多かったからでしょう。

そう、FXをやっていれば分かると思いますが、
それに価値があるから買うというよりは
投機目的で価格が動いています。

仮想通貨も早速そうなっているということです。
しかし、仮想通貨自体に価値があるのはブロックチェーンなどを勉強すれば分かることですので
価値での値動きもあるのは確かです。

今後のICOでローンチされるものも、トレードするにあたって「投機的にどう動くか?」ということも判断して
保有・換金をするといいと思います。
基本は投資額以上に大損することはないので、初日の値上がりで、元本分だけ決済、というのが王道です。

まとめ

いかがでしょうか?
もちろん未来がどうなるか分からないので、確定的なことは言えませんが
一番大切なのは、ご自身の「リスクコントロール力」です。

ICOのリスクは
仮想通貨として公開する前に、チームの内部崩壊とかトラブルで上場できないか、実は巧妙に仕組まれた詐欺案件で
資金だけ集めてとんずら、という二つで、これに出会わないで
仮想通貨公開、までこぎつければだいたい何倍になるものです。

当たり前ですが、全財産投入するとか、アホなことはやめましょう。
余裕資金で、捨ててもいいお金を投入、それが鉄則です。

私の場合で言えば、ビジネス自体、投資資金を作るため、であり、
その投資資金は、本当に割り切ってなくなってもいい覚悟のお金、として位置付けています。

それを、自分が「いい!」と思ったものに分散投資していく次第です。
MOOVERについては最初に数万、資金の集まり具合を見て、その信頼性を判断して、追加で入れるか、ということをしていきます。
日本で一番資金調達したCOMSAの経験があるので、数字が分かるので、そのへん判断出来ます。

COMSAは最終的に100億円以上、24万人の投資者、を集めることに成功しています。

>>追記 12月4日

メルマガにて、担当者が「来年夏に上場は出来る」と断言していましたね。

断言していいのか!?と思いましたが、確信あっての発言なのでしょう。
本当に上場するなら、儲かるトークンであることには変わりないです。(もちろん自己判断でお願いします)

この断言をどこまで信じて、いくらまで出すか?
めちゃくちゃ難しいです…。

あなたはどう判断しますか??
とりあえず、ICOは投資として夢があるものですので、登録だけはして、様子をみるというのが良いのではないでしょうか?
クリックしていくと「コントリビューションに参加する」というのが出てきますので、そこから登録しましょう。以下のバナーから登録できます。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


>>ICO・草コイン・超マイナー情報をシェアしていくメルマガ
*パスワードかかっている記事も登録することで読むことが出来ます。




■一目で分かる取引所比較表!




私のおすすめ
・とりあえず「zaif」も「coincheck」も開く。(zaifが今本人認証が遅い)
・物足りなければ「BINANCE」 or 「Kucoin」を開く

個人的感想
・「逆指値が出来る」「取り扱い通貨が豊富」「手数料最安」という意味ではBINANCEが最高だと思う。


登録は以下より

■zaif

>>国内取引手数料最安、スプレッドも最高、zaifに登録はこちら



■coincheck
>>操作性がよく初心者でも使いやすい!国内最大取引所coincheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

■BINANCE

>>初心者卒業したらBINANCE


■Kucoin

>>第2のBINANCEと名高いKucoin




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

HN:ラストラン!
2018年、仮想通貨バブルで成功しなかったら
多分一生億れないと思っています。
ラストチャンスと覚悟を決め
投資に対してラストランになるため
全力で勉強して、絶対に億を掴みます!
私の実践記、戦略お役立ち記事を
シェアしていきます!

ピックアップ記事

  1. 仮想通貨格付けについて2018年5月での最新情報をお送りします。 格付けで有名なのはwiess社で…
  2. 仮想通貨の取引を行っている方には、マイニングによって収益を得ている方もいらっしゃるでしょう。 マイ…
  3. ブラックマンデー発生!とネットで大騒ぎです。 昨日お伝えしたことが現実になってしまいました。「企業…
  4. エイダコイン(カルダノ)の将来性と購入方法についてお伝えしていきます。 1月23日の初の仮想通貨格…
  5. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 …

免責事項

当サイトは、仮想通貨やFXの売買に関してお勧めしているものではございません。
個人投資家の戦略・展望・調べたこと・資料としてシェアを目的にお届けしております。
ご自身でアクションを起こされる場合は、
時代の流れも早いので、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。

いかなる状況になろうとも、ご自身で出した損失に対して、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

投資は自己責任で!

ページ上部へ戻る