MINE(仮想通貨ICO)の購入方法!朝日・毎日新聞も広告掲載ってどーなの!?

最近「MINEコイン」というICO案件が注目されています。
朝日・毎日新聞にも広告が掲載されたということで、ご存じの方もいらっしゃるかと思います。
しかし、一報で「詐欺ではないか?」という、ICOには付きものといってよい噂もあります。

MINEコインは、すでにセールが始まっている仮想通貨ですので、
今回は詐欺の真偽も含めて、MINEのネットでの調査結果と考察を書いてみたいと思います。
また、購入方法も解説しています。

Sponsored Links


MINEコインの購入方法

初めに、MINEコインに期待していらっしゃる方向けに、購入方法をまとめておきます。

MINEは購入した人からしか買えないようになっております。私もちょっとだけ買いました。
MINE申し込みページはこちら

1、こちらにメアドを入力し送信します。

2、メールをチェックしてリンクに飛びます。

3、以下それぞれ個人情報を入力していきます。

4、入金は以下4つから選べます。イーサ、BTC、エイダ、リップルですね。多分ADAが一番手数料安いんじゃないでしょうか。リップルで私はやりましたが。

すると送金先のアドレスが表示されるので、日本の取引所等から送金します。

 

日本の取引所がまだの方は以下となります。

*すべてにおいて偽サイトに注意!特にgoogle検索の広告は要注意です。以下のリンクは大丈夫です。

・日本の取引所口座
*最近どこもトラブルニュースがありますが、とりあえず手数料最安はZaifです。Zaifはこちらから
*末永く使うなら私が試した中で一番よい取引所はBitbankです。ここがベスト!

個人的に、日本の取引所で一番優秀なのは今のところBitbankだと思っています。
zaifは注文した途端、時が3秒くらい止まりますが、手数料が安いです。
Bitbankは操作性◎、アルトコインまで板取引◎、セキュリティ◎です。
入出金料が少し高いだけであとは平均より安くとにかく一番快適に使える。

MINEコインの概要

MINEは、法定通貨を使わない経済圏の構築を目的としたプロジェクトです。
ICOで発行されるトークン、および、その経済圏で用いられる通貨が、MINEコインです。
理念は主要な仮想通貨に似ているのですが、「世界共通の通貨にする」という目的がMINEは強いように感じます。

主な特徴として、以下のような構想が挙げられます。

  • デビットカードを用いて決済が行える。
  • マイニングファームを持ち、MINEコインの保有量に応じてマイニングの収益を受け取ることができる。
  • 発行上限は無いが、ICO以降はMINEコインを使うことでしか、新たなMINEコインは発行されない。

 

まず、決済手段にデビットカードを用いる点がユニークです。
専用ウォレットに仮想通貨を入れておくと、決済時に一番有利なレートの通貨を選んで
決済する仕組みがあるそうです。さらに、ICOでMINEを購入した方には
デビットカードが配布されるようです。購入額によって種類があるそうですが、
最低投資額の場合は、決済額の2%のMINEコインがウォレットに貯まっていくとのこと。
そして、ちょっと驚きなのは、このデビットカードは、Visa加盟店で使えると言うことです。
実際に紐付いているウォレットに仮想通貨が入っていれば、VISAの加盟店で使えると言うことは、
法定通貨を持っていなくても買い物ができてしまうという、なんとも画期的なシステムなのです。

次の特徴ですが。
MINEコインの保有量によって収益を受け取ることができるのは、ユーザーにとってメリットです。
プロジェクトではマイニングファームを運用しており、最初はイーサリアムを報酬として受け取ることができます。
前述のように、使えば使うほどウォレットにMINEコインが貯まりますから、
その分、受け取ることのできる報酬も増えると言うことですね。
しかも仮想通貨を報酬として受け取れるわけですから、それを別の買い物に利用できます。
MINEコインは、よくあるポイント制度に似ていますが、その実は報酬を受けるための権利を表すもので、実際は通貨でバックされる点が魅力的です。

ちなみにイーサリアムは将来的にPoSへの移行が検討されていますので、マイニング報酬に懸念を抱かれる方もいらっしゃるでしょう。
その点は、MINEの専用ウォレットが他の仮想通貨にも対応するということなので、報酬も他の通貨で受け取ることができるようになる見込みです。
まあ、仮想通貨の潮流がPoWからPoSに移ったらどうなるのか?という疑問は残りますが・・・。

最後に、発行上限が設けられていないことも一つの特徴です。
発行上限が無いとコインの価値が低くなってしまうように思いますが、プロジェクトでは、
「利用することでしか新たなコインは発行されない」と言っています。
需要に応じて発行される仕組みのため、暴落などのリスクは低いと、プロジェクトでは考えているようです。
でも、需要が高くなると発行数が増える仕組みなら、価値は下がると思うんですが・・・。

以上、簡単に特徴をまとめてみました。
ということで、ICOに関する情報を以下に掲載します。

トークン: mine
プラットフォーム:Ethereum
参加可能通貨: ETH, BTC, ADA, XRP
最小投資価格: 1,000USD
ベース企画: ERC20
レート: 1mine = 0.001USD
トークンセールの日程: 実施中
ソフトキャップ:
ハードキャップ: 250,000,000USD
国: フィリピン(オフィス所在地)
上場の時期: 2018年第3四半期予定
Twitter: https://twitter.com/MINE__official
Webサイト: https://mine-coin.net
テレブラム: https://t.me/mine45
ホワイトペーパー: https://mine-coin.net/document/wp/en.pdf

この他、投資額100,000USD以上は5%、1,000,000USD以上は10%のボーナスがあります。

Sponsored Links


MINEに対する疑念と期待

MINEプロジェクトの構想が実現すれば、大変に素晴らしい経済圏が作られることでしょう。
とても、わくわくする構想です。

一方で、ホワイトペーパーを読むと、報酬は年利24%で、3年目には年利36%を達成するなど、
「ほんとに実現できるの?」という内容も、ちらほら見かけます。

また、前述したPoSの懸念や発行数についての疑問など、
怪しい点もいくつかありますので、「詐欺ではないか?」という噂があります。

確かにICO案件は詐欺が多いですから、慎重に判断する必要があります。
あと、詐欺といっても、ロードマップやビジョンを達成できなかったことを詐欺と呼ぶのか、
上場しなかったことを詐欺と呼ぶのか、人によって考えはそれぞれだと思います。
本記事では、上場されなかった場合を詐欺と定義して話を進めます。

まず、プロモーションに力を入れていることは間違いありません
YouTubeでもプロモーション動画(結構作り込んでる)をいくつか公開してますし、
朝日・毎日新聞にも広告を出しているところから、
目標額を集める施策はいろいろやってますし、集まれば
少なくとも上場はすると思います。

次に、怪しい点を追加で指摘します。
私が最初に読んだホワイトペーパーはV1.01でした。
そのとき、トークンのレートは 1mine = 0.01USD となっていました。
それが、記事執筆時点でホワイトペーパーはV1.02になり、レートは 1mine = 0.001USD になっています。

「あれ?価値が下がってる・・・。」

セール中にホワイトペーパーの内容、しかも価格という重要な部分が変更されるというのは不可解です。
ただ、キャプチャ画像を撮り忘れてしまったので、この点は証明不可能になってしまいました。

この他、決済時手数料についての解釈や、
Visa加盟店で使えるデビットカードの発行ライセンスの件など、不振店がいくつかあるとのこと。
詳細は以下のページをご参照ください。

【参考】 https://hajihaji-lemon.com/bitcoin/mine-whitepaper/

MINEについての反応

Twitterで、MINEについてどんな考えがあるのか調べてみました。
以下にいくつか掲載します。

人によって見方はまちまちですね。
期待している書き込みもあれば、注意喚起のような書き込みもあります。
いずれにしても、まだなんとも言えないということは、はっきりしました。

まとめ

これまでに、当初は詐欺呼ばわりされていたICO案件でも、蓋を開けてみれば上場し、価格高騰したものがありました。
ADAコインやノアコインがその代表格です。今では価格は下がりましたが・・・。
このような例もあるので、MINEが詐欺だとは一概に決めつけられないと思います。

ただ、詐欺であることを裏付ける結果が見つからなかったのと同時に、100%安全というわけでもありません。
ICOに参加するかどうかは、読者の皆さんにご判断いただきたいと思います。


>>ICO・草コイン・超マイナー情報をシェアしていくメルマガ
*パスワードかかっている記事も登録することで読むことが出来ます。




■一目で分かる取引所比較表!




私のおすすめ
・とりあえず「zaif」も「coincheck」も開く。(zaifが今本人認証が遅い)
・物足りなければ「BINANCE」 or 「Kucoin」を開く

個人的感想
・「逆指値が出来る」「取り扱い通貨が豊富」「手数料最安」という意味ではBINANCEが最高だと思う。


登録は以下より

■zaif

>>国内取引手数料最安、スプレッドも最高、zaifに登録はこちら



■coincheck
>>操作性がよく初心者でも使いやすい!国内最大取引所coincheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

■BINANCE

>>初心者卒業したらBINANCE


■Kucoin

>>第2のBINANCEと名高いKucoin




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

HN:ラストラン!
2018年、仮想通貨バブルで成功しなかったら
多分一生億れないと思っています。
ラストチャンスと覚悟を決め
投資に対してラストランになるため
全力で勉強して、絶対に億を掴みます!
私の実践記、戦略お役立ち記事を
シェアしていきます!

ピックアップ記事

  1. ビットフライヤーがヤバイ、ということを5月9日に山本一郎氏が発言して、大炎上していた。 そして…
  2. 仮想通貨格付けについて2018年5月での最新情報をお送りします。 格付けで有名なのはwiess社で…
  3. 仮想通貨の取引を行っている方には、マイニングによって収益を得ている方もいらっしゃるでしょう。 マイ…
  4. ブラックマンデー発生!とネットで大騒ぎです。 昨日お伝えしたことが現実になってしまいました。「企業…
  5. エイダコイン(カルダノ)の将来性と購入方法についてお伝えしていきます。 1月23日の初の仮想通貨格…

免責事項

当サイトは、仮想通貨やFXの売買に関してお勧めしているものではございません。
個人投資家の戦略・展望・調べたこと・資料としてシェアを目的にお届けしております。
ご自身でアクションを起こされる場合は、
時代の流れも早いので、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。

いかなる状況になろうとも、ご自身で出した損失に対して、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

投資は自己責任で!

ページ上部へ戻る