マクロン大統領誕生でも為替は方向性は決まらない?FXの行方

マクロン大統領が誕生しましたね。トランプ大統領誕生時のような想定外は起こりませんでした。
ツイッターで「どうせマスコミが嘘言ってるからルペンになるんでしょ。売りを大量に仕込んだ」みたいな人を何人か見かけましたが^^; 彼らはどうなったでしょうか?
今回はマスコミが言っていた通りでしたね。
マクロン大統領誕生で為替はどうなっているか?そしてどうなっていくか?FXの行方を見ていきましょう。

Sponsored Links


マクロン大統領誕生でも為替は方向性は決まらない?

まずはマクロン大統領が誕生して1日の現在のユーロ円の状態を見ていきましょう。

まずは長期的視点です。4時間足で示すとこの通り。

大きな窓が開いているのは4月24日ですね。フランス大統領選の最初の選挙日を受けての結果です。
そこからずっと円安ユーロ高の相場であります。

そして、ミクロで15分足で見てみると…

たったの20pipsくらいの窓開け円安で、その後利益確定されたかのように下がっています。

サプライズなくただの噂で買って事実で売れ

巷でも言われていますが、今回は世間が想定していた通りで、予定調和でありサプライズはありません。
つまり噂で買って事実で売れ的な流れでありまして、窓開け20pipsでちょっと上がってその後すぐに利益確定されてダラダラと下がっています。

直近安値が122.9当たりですので、今のトレンドが持続するならばそこを下回らずにユルい円安が続くというところでしょうか。
時期的にもテンパリングが言われる時期ですので、ユーロ高円安になりやすい時期ではあります。

Sponsored Links


今後の為替はどっち?ネットの反応

皆さん鋭いことをおっしゃっていますので特に解説が必要ないほどですね。

マクロン氏当選自体に、サプライズはなくこれからのFXの方向性が決まるわけではありません。
市場の視点は、マクロン大統領の手腕、経済対策、EUのテンパリングなどに移っていくことでしょう。

とりあえず、トレンドが変わるような事件ではないので円安ユーロ高トレンドはまだ少しは続くような気はします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

HN:ラストラン!
スワップ運用で月10万
経済指標トレードで月-30万~+400万
仮想通貨含み損-200万
私の実践記、戦略お役立ち記事を
シェアしていきます!

ピックアップ記事

  1. ブラックマンデー発生!とネットで大騒ぎです。 昨日お伝えしたことが現実になってしまいました。「企業…
  2. エイダコイン(カルダノ)の将来性と購入方法についてお伝えしていきます。 1月23日の初の仮想通貨格…
  3. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 …
  4. 買ってはいけない仮想通貨はこれ、ロニーモアス氏のツイートで銘柄が出てました。 人によって言うことは…
  5. COMSAがバイナンスに上場するかも!という噂が2018年1月4日に流れました。 本当か?嘘か? …

免責事項

当サイトは、仮想通貨やFXの売買に関してお勧めしているものではございません。
個人投資家の戦略・展望・調べたこと・資料としてシェアを目的にお届けしております。
ご自身でアクションを起こされる場合は、
時代の流れも早いので、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。

いかなる状況になろうとも、ご自身で出した損失に対して、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

投資は自己責任で!

ページ上部へ戻る