LABOの評判と購入方法!日本発で好感もてるのか?

新しいICOのLABOの評判と購入方法をシェアします。

LAVOのICOは1月22日15時から開始されます。
日本発のものということで、いい噂を聞いたので独自で調べてみました。

私の結論的には、「これは投資してみたい」と思えるもので実際数万投資しようかと考えています。
やめました。

*投資は自己責任で!

Sponsored Links

LABOの評判は?

それではまずICOのLABOの評判をずばり載せていきますね。

他サイト見ても普通に「日本発」ということと、私たちになじみのあるLINEがイメージしやすいものなので
全体的に「好感」されていますね。
とにかくやろうとしていることの印象がいいのがすごく皆感じているところです。

Sponsored Links

ICO LABOの購入方法

先に購入方法をお伝えします。

とりあえず公開前は、
以下より公式サイトに行き
メールアドレスの登録をしましょう。

また、「イーサリアムにて購入」ということが分かっていますので
事前にイーサリアムをいつでも送れる状態にしておくのがいいのでは。

とりあえず公開後に詳細をお伝えします。

LABOのスペック等詳細

プラットフォーム:LABO
タイプ:自律分散型アプリケーション(DApp)
認証方式:
参加可能通貨:Ethereum
総発行数:28,000,000 LABO
ベース規格:Ethereum ERC20
総発行数の内55%(15,400,000 LABO)をトークンセールにて販売。
レート: 1LABO =0.001ETH
ローンチの時期:2019/04~06
Webサイト:https://laboproj.io/ja/
ホワイトペーパー:https://laboproj.io/wp-content/uploads/2018/01/wp_jp1.pdf
公式twitter:https://twitter.com/LABO_messaging

ロードマップ:

出来ることは以下。

・グループチャット機能
・グループチャットへの参加制限機能(一定以上のトークン保持者しか参加できないなど)
・プッシュ通知
・チャット相手への送金
・QRコードで表現されたアドレスへの送金
・通信内容の高レベルの暗号化
・コンタクトの事前承認

詳しくは割愛しますが、基本は「未来の非中央集権SNSアプリ」で
イメージ的には、LINEにウェレットとか、仮想通貨をやり取りできる機能がついているけど
LINEのように個人情報が韓国にいかない、と考えていいと思います。

 

 

Sponsored Links

LABOに対する個人的見解

ICOを見る視点は4つです。

1、信頼性(やる人、関わっている人や企業)
2、実現性
3、差別化(レッドオーシャンでないか)
4、将来的需要(投資家の儲けとなるか?)

1、信頼性 △

顔出しされている3人について、twitter、facebookでは追えない。
同姓同名で違う人が出てくるCEO。同じ?見た目が違う。
技術屋は表にでないことが多いらしいが。

sankeiBizなどでは扱われているようだ。
既にムックなど出来ているところや、ホワイトペーパーなどはしっかりしているとは思う。

2、実現性 〇

いい感じでしょう。これはLINEを使っている我々からするとイメージしやすいというのもありますが
非中央集権型のプラットフォームは、例えば、取引所で言えば「ETHA DELTA」なんかがそうなんですが
可能であり、実際に運営しているのが分かります。
今後、もしかしたらそちらの方が「セキュリティ」的にいいのかも、という雰囲気もあります。
人がパスワードを持ち出すことがないので。

SNSの進化版としてはイメージしやすく実現可能なのが分かります。

3、差別化 〇

特に日本発では他にない(のは当たり前ですね、日本は少ない)
海外ではあるかもしれませんが、日本人対応してくれるか分からないので
実質、ブルーオーシャンと言えるでしょう。。

4、将来的需要(投資家の儲けとなるか?) 〇

モノにもよりますが、SNSが淘汰され新しいものに皆が移っていくように
時代もこのまま代わり、仮想通貨交換が当たり前にされる世界になっていくのであれば
非常に需要のあるSNSと言えます。
よって使う人がいればいるほどトークンの価値が上がる可能性があると言えるでしょう。

ということで、懸念はCEOのSNSを追えなかったことです。
これはある意味しょうがなく、他のICOでもCEOなどメンバーのSNSが終えなくて
大丈夫か?と問い合わせをしたことがあるのですが
長くなるので簡単に言いますが、正当な理由はあります。
技術屋の職業柄表にあまり出れない、出たくない理由があるのです。
ICOもスキャム扱いされることが多いので、そのへん守るための対策もされているとのこと。

こういうタイプのICO、ホリエモンとか発言しそうですがしていないので
全く無関係なのでしょう。

まとめ

ということで、表に有名人は絡んでないですが
日本発ということで、資金も集まらなかったら返却されるということですし
海外のよりは信頼性があるのでは。

とにかくこれは「構想」が最高に現実的でイメージしやすいのがいいですね。
幹部の実績などの確認ができないのだけちょっと心配。

とりあえず登録して集まり具体を見るのも良いかと思います。
最高までにCOMSAは、多くて登録は24万人ほど。

登録は以下より

追記

ネガティブ情報が出始めています。

分かりませんが、CEOなどをtwitter、facebookで調べている段階で確かに違和感はありました。
またicobenchで検索しても出てこないです。

投資しない方がいいかな…。


>>ICO・草コイン・超マイナー情報をシェアしていくメルマガ
*パスワードかかっている記事も登録することで読むことが出来ます。




■一目で分かる取引所比較表!




私のおすすめ
・とりあえず「zaif」も「coincheck」も開く。(zaifが今本人認証が遅い)
・物足りなければ「BINANCE」 or 「Kucoin」を開く

個人的感想
・「逆指値が出来る」「取り扱い通貨が豊富」「手数料最安」という意味ではBINANCEが最高だと思う。


登録は以下より

■zaif

>>国内取引手数料最安、スプレッドも最高、zaifに登録はこちら



■coincheck
>>操作性がよく初心者でも使いやすい!国内最大取引所coincheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

■BINANCE

>>初心者卒業したらBINANCE


■Kucoin

>>第2のBINANCEと名高いKucoin




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

HN:ラストラン!
2018年、仮想通貨バブルで成功しなかったら
多分一生億れないと思っています。
ラストチャンスと覚悟を決め
投資に対してラストランになるため
全力で勉強して、絶対に億を掴みます!
私の実践記、戦略お役立ち記事を
シェアしていきます!

ピックアップ記事

  1. ブラックマンデー発生!とネットで大騒ぎです。 昨日お伝えしたことが現実になってしまいました。「企業…
  2. エイダコイン(カルダノ)の将来性と購入方法についてお伝えしていきます。 1月23日の初の仮想通貨格…
  3. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 …
  4. RaiBlocks(ライブロッククXRB)が今後バイナンス上場でどうなるか注目です。 バイナン…
  5. 買ってはいけない仮想通貨はこれ、ロニーモアス氏のツイートで銘柄が出てました。 人によって言うことは…

免責事項

当サイトは、仮想通貨やFXの売買に関してお勧めしているものではございません。
個人投資家の戦略・展望・調べたこと・資料としてシェアを目的にお届けしております。
ご自身でアクションを起こされる場合は、
時代の流れも早いので、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。

いかなる状況になろうとも、ご自身で出した損失に対して、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

投資は自己責任で!

ページ上部へ戻る