IP Gold(IPG)の購入方法とその評価とは?「COMSA暴騰の原因か」「現実的」「既にできているPF」

IPアドレスという言葉をご存じでしょうか。
これはインターネットを支える基礎技術の一つです。
今回ご紹介するIP Goldは、IPアドレスの価値を引き出すためのプロジェクトです。

なお、「IP Gold」という表記はICO評価サイトの表記なのですが、
IP.Gold」という表記が公式サイトのものなので、本文ではこちらを使います。

Sponsored Links

IP Gold(IPG)の購入方法

IP Gold(IPG)の購入方法についてお伝えします。

 

4/20からプライベートセール、これは日本人買えないという情報が。
5/2からトークンセールとなるとのこと。
5/2までは10000$以上でないと買えないのですが、それ以降の場合はそれ以下で買えるようなことが書いてあるのですが
日本時間の5/2だからか10000$以上じゃないとだめだよというメッセージが来ます。
10000$以上買うと書いて登録してチケットが取れた状態です。

1、トップページより右上のsign up をクリック。

2、必要事項を記入して登録

3、メールに確認のメールをおくりましたよ、clickしてアカウントをアクティブにしてくださいとでますのでメールで確認しましょう。

4、ログインするとチケットを作ってくださいとでます。

5、priorityは優先度。緊急(urgent)緊急ではない(Low)「Support Ticket」と「Contribution Submit」を選べますが、寄付だとたただお金入れて終わりなので、寄付じゃない方を選択。ここはまちがえないように。 10000$以上を 記入。

 

5、2日後に、管理人のデイビットから連絡、以下に送金してくださいね、とのこと。しかしまだ最低10000$と…。トークンセールはいいんじゃないのかな…。 

 

 

以下、一般的な購入方法を記載します。

ERC20なので無難なのはMyEtherWalletからの送信です。

恐らく、zaifからCMSでも出来るのではないか?と思うのですがテスト出来てません。

その前にIP.GOLDに登録はしておきましょう。
IP.GOKD登録はこちら

*すべてにおいて偽サイトに注意!特にgoogle検索の広告は要注意です。以下のリンクは大丈夫です。

・日本の取引所口座
*最近どこもトラブルニュースがありますが、とりあえず手数料最安はZaifです。コムサも唯一こちらから購入できます。Zaifはこちらから

*末永く使うなら私が試した中で一番よい取引所はBitbankです。ここがベスト!コムサとネムはありませんが、それ以外はあります。

無難なのは以下・

MyEtherWallet を開いておく

*MyEtherWalletの開き方、送金の仕方はこちら

 

■購入の流れ

・日本の取引所に日本円を入金
*zaifかbitbankからの入金・送金方法はこちら

・イーサリアムを、購入したい額+手数料(おおよそですが高くて1200円くらい見ておけば良いかと)購入
*投資・投機はあくまで消えてもいい額ですよ!どんなに素晴らしいものでも

・イーサリアムを「MyEtherWallet」に送金
*MyEtherWalletの開き方、送金の仕方はこちら

ダッシュボードより、送信先のアドレスをコピー
*送る通貨と同じアドレスじゃないと送信失敗で消える可能性もあるので間違えないように

・「MyEtherWallet」から上記アドレスに送る

・入金確認。ダッシュボードに表示されます。その後のことは上場の情報などきますので運営の指示を待ちましょう。

IP Gold(IPG)の概要

ICO案件の説明の前に、IPアドレスについて簡単に述べておきます。

IPアドレスはインターネットのあらゆる技術・サービスの基礎となる技術です。
みなさんURLは聞いたことも見たこともあるかと思いますが、実はURLはIPアドレスを人間が分かりやすいように名前付けしたものなのです。

IPアドレスは、現実世界の住所だと例えられることが多いです。
本来、Webサイトにしても電子メールにしても、IPアドレスを持っていて、IPアドレスが分からないとアクセスできません。
しかしIPアドレスは数値やアルファベットの羅列で、人間には理解しにくいものです。
なので、人間にとって分かりやすくするためにURLを使って、IPアドレスの代替表現としているのです。
URL(正確にはドメイン名)をIPアドレスに翻訳する仕組みをDNSというのですが、これ以上の説明は本題から逸れるので省略します。

さて、IPアドレスはインターネットが普及するにつれて枯渇してきています。
IP.Goldは少なくなりつつあるIPアドレスを優位な価格で取得し、資産価値と収益性を継続させるプロジェクトです。
実績のある収益性の高いビジネスモデルを使って、収益を上げていけるそうです。

もう少し詳しくみると、ターゲットとしているのは、枯渇問題を起こしているIPV4という規格で、
希少性のあるIPアドレスをトレードするなどして収益を上げていくビジネスモデルのようです。

ICOに関する情報は以下のとおりです。

トークン: IPG
プラットフォーム:Ethereum
参加可能通貨: ETH, BTC, XEM, CMS
最小投資価格: 10 USD (10 IPG)
ベース企画: ERC20
レート: 1 IPG = 1 USD
ボーナス: 1週目の購入者は10%、その後週を追うごとに8%、6%、4%、2%
トークン配布数: 13,000,000
ICOでの配布率: 65%
トークンセールの日程: 2018-05-02 – 2018-06-16
ソフトキャップ: 13,000,000 IPG
ハードキャップ: 20,000,000 IPG
国: セーシェル
上場の時期:
制限地域: アメリカ合衆国
Twitter: https://twitter.com/IpGoldHQ
Webサイト: https://ip.gold
テレブラム: https://t.me/ipgoldHQ
ホワイトペーパー: https://ip.gold/IP.Gold-ICO-WhitePaper.pdf

参考: https://icobench.com/ico/ip-gold

Sponsored Links

IP Gold(IPG)の評価・魅力とは?

IP.GoldのICOBenchでの総合評価は4.8、専門家8人の評価は4.5です。
比較的評価の高いプロジェクトですね。

IP.Goldの魅力は、ICO終了から数週間で収益を上げられるビジネスモデルを歌っていることです。
というのも、実績として、既にシステムは完成しており、10万ものアクティブなIPアドレスがあるということなのです。
現在(2018年第2四半期)は、ICOでビジネスを加速させる時期で、30万のIPアドレスをアクティブにするというマイルストーンを掲げています。
次の第3四半期には最初のボーナスを支払い予定ということなので、まさに、ICO終了から数週間で収益を上げられるというわけです。

プロジェクトそのものも、インターネットを支える基礎技術に関連したものなので、堅いと思います。
今後は自動化やスマートコントラクトの利用などの拡張を予定しており、2019年には実用化を目指しているとのことです。

ちなみに、プロジェクトはセーシェルという国のものなのですが、セーシェルはどこかというと、
アフリカ大陸から1,300km離れたインド洋の国だそうです(Wikipediaより)。
国の標語は「最後に仕事は報われる」だそうなので、勤勉な国民性なのかもしれません。
恥ずかしながら私は初めてこの国を知りました。

IP Gold(IPG)の専門家の評価まとめ

専門家のコメントはまだ少ないのですが、ご紹介しましょう。

現実的なハードキャップだね。
成功するチャンスがあるプロジェクトだと思う。
強いチームだし経験のあるアドバイザーもいる。

コメントは少ないですが、みなさん肯定的な反応です。
あと、他の有望プロジェクトにコメントしている人も何名か見かけたので、信頼性の面は十分だと思います。

まとめ

IPアドレスの枯渇問題は、かれこれ10年ぐらい議論されてきたことです。
一応解決策として、旧来のIPアドレスの規格を拡張したものも使われ始めていますが、まだまだ一般的とはいえません。

そんな問題を逆手にとって、少なくなったIPアドレスから収益を生み出そうとするIP.Goldの発想は、なかなか面白いと感じました。

ただ、ICO案件としては価格が高いですね。
その点をどう評価するかは微妙なところです。

将来性はあると思うので、投資するとしたら長期保有で良いかと思いますが、
最終的にはホワイトペーパーなどをじっくり読んでいただき、みなさんご自身で戦略を立てていただければと思います。

Sponsored Links


>>ICO・草コイン・超マイナー情報をシェアしていくメルマガ
*パスワードかかっている記事も登録することで読むことが出来ます。




■一目で分かる取引所比較表!




私のおすすめ
・とりあえず「zaif」も「coincheck」も開く。(zaifが今本人認証が遅い)
・物足りなければ「BINANCE」 or 「Kucoin」を開く

個人的感想
・「逆指値が出来る」「取り扱い通貨が豊富」「手数料最安」という意味ではBINANCEが最高だと思う。


登録は以下より

■zaif

>>国内取引手数料最安、スプレッドも最高、zaifに登録はこちら



■coincheck
>>操作性がよく初心者でも使いやすい!国内最大取引所coincheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

■BINANCE

>>初心者卒業したらBINANCE


■Kucoin

>>第2のBINANCEと名高いKucoin




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

HN:ラストラン!
2018年、仮想通貨バブルで成功しなかったら
多分一生億れないと思っています。
ラストチャンスと覚悟を決め
投資に対してラストランになるため
全力で勉強して、絶対に億を掴みます!
私の実践記、戦略お役立ち記事を
シェアしていきます!

ピックアップ記事

  1. 仮想通貨格付けについて2018年5月での最新情報をお送りします。 格付けで有名なのはwiess社で…
  2. 仮想通貨の取引を行っている方には、マイニングによって収益を得ている方もいらっしゃるでしょう。 マイ…
  3. ブラックマンデー発生!とネットで大騒ぎです。 昨日お伝えしたことが現実になってしまいました。「企業…
  4. エイダコイン(カルダノ)の将来性と購入方法についてお伝えしていきます。 1月23日の初の仮想通貨格…
  5. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 …

免責事項

当サイトは、仮想通貨やFXの売買に関してお勧めしているものではございません。
個人投資家の戦略・展望・調べたこと・資料としてシェアを目的にお届けしております。
ご自身でアクションを起こされる場合は、
時代の流れも早いので、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。

いかなる状況になろうとも、ご自身で出した損失に対して、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

投資は自己責任で!

ページ上部へ戻る