エストニアのICOはいつ?その評価は?正直私はこれに賭けるつもり!?

エストニアで、「エストコイン」なるICOが実施されることが報道されています。
実は私が一点集中して一番資金投入したく、百万単位で突っ込みたいのが
このエストニアが国家主導でやるかもいしれないエストコインのICOです。

「詳細分かってないのにもうそのつもりかよ!」と言われそうですが
抽象的な概要にて、かなり本気でそれは考えています。

そのエストニアのICOはいつなのか?そして今のところのその評価は?

Sponsored Links

エストニアのICOはいつ?

エストニアのICOはいつか?というのは2018年1月3日段階ではまだ決まっていません。
分かり次第更新しますが、最新情報は、公式HPになるであろう以下のページで登録するといいでしょう!
https://e-resident.gov.ee/estcoin

 

エストニアがIT先進国・仮想通貨先進国であるこれだけの理由

「エストニア?どこだよその国」
「そんな聞いたことのない国の仮想通貨になんか価値あるのかよ」
そんな声が聞こえてきそうですが、
エストニアは世界が認める仮想通貨先進国です。

というか、インフラが固まってない小国の方が新しい技術って導入しやすいんですよ。
だって、今から日本が仮想通貨メインでいきます!って言ったら、壊さなきゃいけないインフラとかあって
損をする人も多くて反対デモでも起きそうで、大変なのって想像に難くないじゃないですか?

小国で賢い国がこういう新技術に強いんです。

主なスペックや今の時点で報道で分かっているすべては以下のこと。

・人口130万
・九州くらいの面積
・skypeが生まれた国
・91年に旧ソから独立
・効率性を追求した政治やインフラ作りをしてきた。
・そこで重視されているのが「e-Government(電子政府)」
・選挙、教育、医療、警察、居住権などあらゆるものがインターネットで出来てしまう!
・2014年に「e-Resident」が誕生
・「e-Resident」は海外に住む外国人が「デジタル住民」になることが出来る
・オンラインで行政サービスにアクセスでき、起業も出来る
・現在「e-Resident」は138カ国から2万2千人以上が登録している。(私もデジタル住民になろうかな…)
・エストコインは「e-Resident」で展開していくようだ
・安倍首相もe-Residencyに登録済み(他サイトにて記述を発見。裏はとれていません)
>12/25追加
3つのビジョン

1、エストコインを利用するコミュニティの形成と、コミュニティ内での利用の活発化。
これは電子居住権を活用する人々による「デジタル国家」を作り出すというエストニアのねらいが背景に。
・エストコインに利用を促すために、エストコインの利用や決済導入を企業に促す報酬制度などを視野に置いていると予想される。
・ICO活動の信頼性を高めるため、ICOへの参加にあたって電子居住権を使用するように投資家や起業家に促すプランもあるようだ。
2、政府発行のコインという信頼性を活かした取り組み。
書類へのデジタル署名や、サービスへのログイン、またオンライン上の契約履行など、ブロックチェーンを基盤とするトークンであるという利点を可能な限り活かし、デジタル上の取引の安全性向上に活用させる。
3、ユーロに固定されたトークンにするという点だ。(*これに対しては非難の声もあがっている。)
参考:https://goo.gl/R97Ja3

 

e-Residenceのサイトはこちら

驚きませんでしたか??
驚嘆ですよ。国は大きければいいと思っていた人にはかなり価値観が変わるような話だと思います。

実は9月時点ではまだ、このエストコインICOは本当か?という懐疑的な段階だったのですが
KikeiZineが現地に直接取材にいって分かったのは

・エストニア政府が発行するのではなく、他の機関がICOとしてスタートアップベンチャーへの投資として考えている
・政府の経済戦略の一環であることには違いない

参考:https://kaikeizine.jp/article/7657/

というのが2017年の9月時点で分かっている。

なので、国が主導というのは違うかもしれない。どちらかというと「国が後ろ盾」という表現の方が正しい。
そのICOをする「機関」の信頼性については、ICOが告知された時に調査をよくしたいと思うが
どちらにせよ、e-Residenceの魅力、恐らくエストコインによってe-Residenceへの登録自体が殺到するかもしれない。

ということで、私の中でまだ百万単位で投資したい、という気持ちは消えていない。
もちろん慎重に調査はするが、非常に可能性の感じるものだ。

Sponsored Links

エストニアのICOの評判は?


国債の代わり!?

1月19日に何か新しい情報が出るかも!?

Sponsored Links

まとめ

まだまだわからないことはありますが、今からe-residenceのデジタル住民に登録しようと私は考えました。
使い慣れておいた方がきっと良いことがあると思われます。

別記事でその使い勝手とかやり方とかをシェア出来たらと思います。

続報もお楽しみに!

Sponsored Links


>>ICO・草コイン・超マイナー情報をシェアしていくメルマガ
*パスワードかかっている記事も登録することで読むことが出来ます。




■一目で分かる取引所比較表!




私のおすすめ
・とりあえず「zaif」も「coincheck」も開く。(zaifが今本人認証が遅い)
・物足りなければ「BINANCE」 or 「Kucoin」を開く

個人的感想
・「逆指値が出来る」「取り扱い通貨が豊富」「手数料最安」という意味ではBINANCEが最高だと思う。


登録は以下より

■zaif

>>国内取引手数料最安、スプレッドも最高、zaifに登録はこちら



■coincheck
>>操作性がよく初心者でも使いやすい!国内最大取引所coincheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

■BINANCE

>>初心者卒業したらBINANCE


■Kucoin

>>第2のBINANCEと名高いKucoin




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

HN:ラストラン!
2018年、仮想通貨バブルで成功しなかったら
多分一生億れないと思っています。
ラストチャンスと覚悟を決め
投資に対してラストランになるため
全力で勉強して、絶対に億を掴みます!
私の実践記、戦略お役立ち記事を
シェアしていきます!

ピックアップ記事

  1. ブラックマンデー発生!とネットで大騒ぎです。 昨日お伝えしたことが現実になってしまいました。「企業…
  2. エイダコイン(カルダノ)の将来性と購入方法についてお伝えしていきます。 1月23日の初の仮想通貨格…
  3. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 …
  4. RaiBlocks(ライブロッククXRB)が今後バイナンス上場でどうなるか注目です。 バイナン…
  5. 買ってはいけない仮想通貨はこれ、ロニーモアス氏のツイートで銘柄が出てました。 人によって言うことは…

免責事項

当サイトは、仮想通貨やFXの売買に関してお勧めしているものではございません。
個人投資家の戦略・展望・調べたこと・資料としてシェアを目的にお届けしております。
ご自身でアクションを起こされる場合は、
時代の流れも早いので、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。

いかなる状況になろうとも、ご自身で出した損失に対して、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

投資は自己責任で!

ページ上部へ戻る