トランプリスクはいつまで続く?為替の影響が想定以上だが限定的という声が その理由

5月16日に浮上したトランプリスクにより為替市場は想定以上の反応をしました。
円安傾向だったので、基本押し目の抵抗線を意識していましたがいっきに抜ける感じに。
トランプリスクはいつまで続くのか?

Sponsored Links


トランプリスクはいつまで続く?

トランプリスクによる為替への影響は想定以上でした。

昨日のマイケル・フリン元国家安全保障担当補佐官に対する捜査中止の要請をコミー元FBI長官に働きかけを行ったとの報道により
いっきにトランプリスクが再燃し、1日で為替のドル円が2円の下落をしました。
円安トレンドの支持線を割ってきましたね。

報道の炎上は想像以上のもので、トランプ大統領への弾劾まで発展するのではという憶測もありその影響が強く、下落しました。

現在ちょうど雲の中にあり、跳ね返されるかどうかというところですね。

いつまで続くのか心配の声はありますが実際、個人的にはトランプリスクは限定的だと思っています。
あくまで私見なので参考程度に聞いてほしいですが、ロイターの専門家の意見などを見ると、国民感情としては許せない気持ちが高まり支持率に影響は出るものの
弾劾裁判までは仲間の共和党分裂しない限りはあり得ないだろうと言われています。
これは議席の問題であり、下院の過半数の可決で訴追となり、上院の2/3以上の賛成で罷免となりますが、共和党議員数は上院で52/100を持っていることから
よほど共和党内の裏切りがない限りはないと言われています。

なので、時間が経てば、通常のテクニカル相場に戻ってくると思われます。

Sponsored Links


ネットの反応は?

トランプリスクによる想定以上の為替への影響でドル円が2円下落したことについて、ネット上のトレーダーは次のような反応をしています。

個人的見解では、21時からのNY時間に注目したいところです。21時からどうなるか?
勢いよく下げるか?それほどでもないか?そのへんを意識することで
トレード戦略を変化させていきたいところです。

本日の経済イベントにも確実に影響ありますので注意していきましょう。場合によっては過剰反応することもあります。


出典:http://fx.minkabu.jp/indicators/calendar


>>ICO・草コイン・超マイナー情報をシェアしていくメルマガ
*パスワードかかっている記事も登録することで読むことが出来ます。




■一目で分かる取引所比較表!




私のおすすめ
・とりあえず「zaif」も「coincheck」も開く。(zaifが今本人認証が遅い)
・物足りなければ「BINANCE」 or 「Kucoin」を開く

個人的感想
・「逆指値が出来る」「取り扱い通貨が豊富」「手数料最安」という意味ではBINANCEが最高だと思う。


登録は以下より

■zaif

>>国内取引手数料最安、スプレッドも最高、zaifに登録はこちら



■coincheck
>>操作性がよく初心者でも使いやすい!国内最大取引所coincheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

■BINANCE

>>初心者卒業したらBINANCE


■Kucoin

>>第2のBINANCEと名高いKucoin




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

HN:ラストラン!
2018年、仮想通貨バブルで成功しなかったら
多分一生億れないと思っています。
ラストチャンスと覚悟を決め
投資に対してラストランになるため
全力で勉強して、絶対に億を掴みます!
私の実践記、戦略お役立ち記事を
シェアしていきます!

ピックアップ記事

  1. ビットフライヤーがヤバイ、ということを5月9日に山本一郎氏が発言して、大炎上していた。 そして…
  2. 仮想通貨格付けについて2018年5月での最新情報をお送りします。 格付けで有名なのはwiess社で…
  3. 仮想通貨の取引を行っている方には、マイニングによって収益を得ている方もいらっしゃるでしょう。 マイ…
  4. ブラックマンデー発生!とネットで大騒ぎです。 昨日お伝えしたことが現実になってしまいました。「企業…
  5. エイダコイン(カルダノ)の将来性と購入方法についてお伝えしていきます。 1月23日の初の仮想通貨格…

免責事項

当サイトは、仮想通貨やFXの売買に関してお勧めしているものではございません。
個人投資家の戦略・展望・調べたこと・資料としてシェアを目的にお届けしております。
ご自身でアクションを起こされる場合は、
時代の流れも早いので、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。

いかなる状況になろうとも、ご自身で出した損失に対して、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

投資は自己責任で!

ページ上部へ戻る