Datablockchain(DBCCoin)の購入方法とその評価とは?

今回はデータとブロックチェーンを繋げるプロジェクトの紹介です。
Datablockchainを一言で表すと「ビッグデータ、人工知能、ブロックチェーンを統合するプロダクト」だそうです。
いったいどんなプロジェクトなのでしょうか。
購入方法、魅力、評価をお伝えしていきます。

Sponsored Links


Datablockchain(DBCCoin)の購入方法

これは基本のICOを購入するパターンです。
まずは公式よりサインアップします。
そしてERC20対応なのでMyEtherWalletにEtherを準備しておき送金、のパターンです。

以下、日本の取引所からやる場合について

*すべてにおいて偽サイトに注意!特にgoogle検索の広告は要注意です。以下のリンクは大丈夫です。

・日本の取引所口座
*最近どこもトラブルニュースがありますが、とりあえず手数料最安はZaifです。。Zaifはこちらから

*末永く使うなら私が試した中で一番よい取引所はBitbankです。ここがベスト!

やり方は以下・

MyEtherWallet を開いておく

*MyEtherWalletの開き方、送金の仕方はこちら

 

■購入の流れ

・日本の取引所に日本円を入金
*zaifかbitbankからの入金・送金方法はこちら

・イーサリアムを、購入したい額+手数料(おおよそですが高くて1200円くらい見ておけば良いかと)購入
*投資・投機はあくまで消えてもいい額ですよ!どんなに素晴らしいものでも

・イーサリアムを「MyEtherWallet」に送金
*MyEtherWalletの開き方、送金の仕方はこちら

ダッシュボードより、送信先のアドレスをコピー
*送る通貨と同じアドレスじゃないと送信失敗で消える可能性もあるので間違えないように

・「MyEtherWallet」から上記アドレスに送る

・入金確認。ダッシュボードに表示されます。その後のことは上場の情報などきますので運営の指示を待ちましょう。

Datablockchain(DBCCoin)の概要

まず、Datablockchainプロジェクトには、ビッグデータが関わってきます。
なので少し前置きをさせてください。

一昔前は、ユーザーを多く抱える企業だけが、たくさんのデータを収集し、保持することが可能でした。
大学のような研究機関ですら、どうにかしてデータを使わせてもらえないか、交渉していたような時代だったのです。

ところが、「ビッグデータ」という言葉が使われるようになると、データを独占的に所有する企業だけでなく、
そのデータを売る企業も出始めました。今ではビッグデータの市場はかなり大きな規模になっているようです。

さて、プロジェクトの内容に戻りましょう。
この、ビッグデータ・ビジネスについて、プロジェクトでは懸念を持っています。
代表的なのは、マージンのことです。ビッグデータを買うことはできるようになったのですが、
直接の販売価格や仲介者のマージンが高く、
買いたくても買えない人々がいるのです。これをDatablockchainでは懸念しています。
この状況を解決するためのソリューションを何か検討しているみたいです。

他にもDatablockchainが目指していることはあって、むしろ、こちらが本命かもしれません。
それは、無駄なデータの購入を回避させたり、費用対効果の高い取引を行えるようにさせたり、
透明性の確保されたデータを供給させたりと、データを提供する側、買う側、双方にコミットしていくことです。

そのために、各役割の人々に次のようなことをしていくのが目標だとのこと。

  • データ供給者(販売者)の収益化
  • データ供給者に完全なトレーサビリティと監査機能を提供
  • データ供給者と顧客の間に信頼感を構築
  • 企業や消費者に質の高い検証データを提供

目標は大変立派ですね。
監査機能とか検証機能はブロックチェーン技術の応用で構築できそうですが、
暴騰にあった「人工知能」をどこで活用するのかよく分かりません。
その辺はホワイトペーパーに詳しく書いてあると思いますのでご覧ください。

ICOに関する情報は以下のとおりです。

トークン: DBCCoain
プラットフォーム:Ethereum
参加可能通貨: ETH
最小投資価格: 0.1 ETH
ベース企画: ERC20
レート: 1 DBCCoin = 0.12 USD
トークンセールの日程: 2018-05-27 – 2018-06-21
ソフトキャップ: 10,000,000 USD
ハードキャップ: 50,000,000 USD
国: ケイマン諸島
上場の時期: 
Twitter: https://twitter.com/DBC_IO
Webサイト: https://www.datablockchain.io
テレブラム: https://t.me/DBCIO 
ホワイトペーパー: https://www.datablockchain.io/pdf/whitepaper.pdf

参考: https://icobench.com/ico/datablockchain

Sponsored Links


Datablockchain(DBCCoin)の評価・魅力とは?

DatablockchainのICOBenchでの総合評価は4.9、専門家25人の評価は4.5です。
評価の数値的には堅い案件に見えます。

では、本当に堅い案件なのか筆者なりに考えてみます。

第1の点として、ビックデータの市場に注目しているのは良い点です
人工知能の使い道がよく分かりませんが、人工知能を有効活用するには
膨大なデータ、つまりビッグデータが必要になりますから、
プロジェクトでは人工知能を使わなくても、ビッグデータと人工知能は切り離せません。
そこに着目しているのは良い点でしょう。

第2の点として、データ供給者との関係性についての記述が希薄です
様々な分野のデータを統合していく、というようなことを書いている割には、プレイヤーがはっきりしませんし、
それはシビアな情報なのでしかたないとしても、数字ぐらいは書いてあっても良さそうな気がします。

第3の点として、ロードマップはそれなりということ
プロダクトそのものは作り始めているようで、2018年の4Qか2019年の1Qにはプロダクトをリリースする予定みたいです。
で、ICOをやる身としては、コインの行く末も気になるところですが、
2019年のQ3に「DBCCoain報酬プログラム」というのが予定されています。
具体的には不明ですが、さすがに、このタイミングでの上場ということはないと思いますが、どういうプログラムになるんでしょうか?

Datablockchain(DBCCoin)の専門家の評価まとめ

これまで書いてきたことは筆者の私見ですが、エキスパートはどう思っているのでしょうか。

マージンを減らすのは良いこと。製品が楽しみ。
経験豊富なチームで、成功すると思う。
チームの強さに興味があるね。
製品ができるのが楽しみ。
成功しているICOは少ないハードキャップなので、見直しをしても良いかも。
ホワイトペーパーが明快!
計画の全体は良く見えますが、もっと詳細を知りたいですね。
「透明性」に注目したのが良いね。
強いチームだと思う。しばらくウォッチするよ。
ビジョンが大好き!

なかなかの高評価だと思います。
もちろん、専門家の中にもアドバイスをする方もいらっしゃいますが、
プロジェクトにとって間違いなくポジティブなことでしょう。

まとめ

技術の面ではホットな案件ですので、DBCCoainを買って成長を見守るというのは良い選択肢だと思います。
しかし、個人的には「キャピタルゲインをねらえる案件ではないなあ」という印象です。
一応システムの開発は進んでいるようですが、この手のプロジェクトは
ステークホルダーとどう良い関係になっていけるかが重要ですから、
その点で、長い目で見ていくべき案件なのではないかと思います。

Sponsored Links



>>ICO・草コイン・超マイナー情報をシェアしていくメルマガ
*パスワードかかっている記事も登録することで読むことが出来ます。




■一目で分かる取引所比較表!




私のおすすめ
・とりあえず「zaif」も「coincheck」も開く。(zaifが今本人認証が遅い)
・物足りなければ「BINANCE」 or 「Kucoin」を開く

個人的感想
・「逆指値が出来る」「取り扱い通貨が豊富」「手数料最安」という意味ではBINANCEが最高だと思う。


登録は以下より

■zaif

>>国内取引手数料最安、スプレッドも最高、zaifに登録はこちら



■coincheck
>>操作性がよく初心者でも使いやすい!国内最大取引所coincheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

■BINANCE

>>初心者卒業したらBINANCE


■Kucoin

>>第2のBINANCEと名高いKucoin




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

HN:ラストラン!
2018年、仮想通貨バブルで成功しなかったら
多分一生億れないと思っています。
ラストチャンスと覚悟を決め
投資に対してラストランになるため
全力で勉強して、絶対に億を掴みます!
私の実践記、戦略お役立ち記事を
シェアしていきます!

ピックアップ記事

  1. ビットフライヤーがヤバイ、ということを5月9日に山本一郎氏が発言して、大炎上していた。 そして…
  2. 仮想通貨格付けについて2018年5月での最新情報をお送りします。 格付けで有名なのはwiess社で…
  3. 仮想通貨の取引を行っている方には、マイニングによって収益を得ている方もいらっしゃるでしょう。 マイ…
  4. ブラックマンデー発生!とネットで大騒ぎです。 昨日お伝えしたことが現実になってしまいました。「企業…
  5. エイダコイン(カルダノ)の将来性と購入方法についてお伝えしていきます。 1月23日の初の仮想通貨格…

免責事項

当サイトは、仮想通貨やFXの売買に関してお勧めしているものではございません。
個人投資家の戦略・展望・調べたこと・資料としてシェアを目的にお届けしております。
ご自身でアクションを起こされる場合は、
時代の流れも早いので、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。

いかなる状況になろうとも、ご自身で出した損失に対して、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

投資は自己責任で!

ページ上部へ戻る