コインチェックでNEMが引き出せない理由は?ネムがナイアガラ状態!

コインチェックが1月26日に「NEMの引き出し一時停止」
ちょっと心配です。

引き出せない理由はなんでしょうか?

すでにネムは上記のようにナイアガラ状態…。

Sponsored Links

コインチェックでNEMが引き出せない理由は?

コインチェックの公式声明です。
理由などは問い合わせても、公式に発表できるまで待ってほしい、とのこと。

早速、山本氏がネガティブ記事を書いています。

この人投資家なのに悪く書きすぎでしょ、と思ったのですが
実際、ちょっとピンチな感じです。

これを見る限り、不正引き出しの可能性は強いです。(あくまで確定ではありません…)
650億円はやばい数字ですよね…。

これから金融庁登録いけそうという時にけっこうヤバイ状態です。

Sponsored Links

ネットの反応

「早く引き上げよう」

「別にNEMの価値が下がるわけではないので、NEMは買い増しだ。」

「コインチェックはまじやばいかも」

出典:twitter

過去の事例

コインチェックでネムを買っていた人はGOXになるのか??

過去にいくつか不正引き出しされた取引所がありますが、どうなったか振り返ってみましょう。

・マウントゴックス社 は2014年114億のビットコインを喪失して破綻を宣言

これにより、仮想通貨がなくなることを「ゴックスされる」「GOXした」と言われるよになりました。

→しかし、これは運よく、残っていたビットコインが年月を経て20倍くらいになったため、全額返金可能な状態になった、というニュースがありました。

・先日の「」では全額を自社資金から返金した。

後ほど追記予定

コインチェック倒産は大丈夫??

心配なので私も資金を少しだけ引き出しました。
この650億円?を楽観視出来る数字かそうでないか?
検討すると…

過去最大と思える数字ではあります。(裏はとれてませんが経験的に)

コインチェックのIR情報が見つからなかったのですが
以下のツイートには預かり資産2000億とあります。

この情報が正しいのか分かりませんが、そうだとした25%くらいの損失となります。
その後、責任問題などが問われて苦しい立場に追われます。

社長が若いので心配ですが、ちゃんとした対応で乗り切るのか?
それとも、下手な対応をして、顧客の信頼を落とすのか?

分かりません。
ここは社長の力量によると思います。

コインチェックさん、私は好きなので、是非このピンチをどうにか乗り切って欲しい!!!!
なのである程度は資金は残しておきますよ!(ちょっとだけ引き出したけど…)

■関連記事

コインチェック破綻の可能性はある?ない?「BTC補償の文言はある」「取引所は分別保管」

Sponsored Links


>>ICO・草コイン・超マイナー情報をシェアしていくメルマガ
*パスワードかかっている記事も登録することで読むことが出来ます。




■一目で分かる取引所比較表!




私のおすすめ
・とりあえず「zaif」も「coincheck」も開く。(zaifが今本人認証が遅い)
・物足りなければ「BINANCE」 or 「Kucoin」を開く

個人的感想
・「逆指値が出来る」「取り扱い通貨が豊富」「手数料最安」という意味ではBINANCEが最高だと思う。


登録は以下より

■zaif

>>国内取引手数料最安、スプレッドも最高、zaifに登録はこちら



■coincheck
>>操作性がよく初心者でも使いやすい!国内最大取引所coincheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

■BINANCE

>>初心者卒業したらBINANCE


■Kucoin

>>第2のBINANCEと名高いKucoin




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

HN:ラストラン!
2018年、仮想通貨バブルで成功しなかったら
多分一生億れないと思っています。
ラストチャンスと覚悟を決め
投資に対してラストランになるため
全力で勉強して、絶対に億を掴みます!
私の実践記、戦略お役立ち記事を
シェアしていきます!

ピックアップ記事

  1. 仮想通貨格付けについて2018年5月での最新情報をお送りします。 格付けで有名なのはwiess社で…
  2. 仮想通貨の取引を行っている方には、マイニングによって収益を得ている方もいらっしゃるでしょう。 マイ…
  3. ブラックマンデー発生!とネットで大騒ぎです。 昨日お伝えしたことが現実になってしまいました。「企業…
  4. エイダコイン(カルダノ)の将来性と購入方法についてお伝えしていきます。 1月23日の初の仮想通貨格…
  5. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 …

免責事項

当サイトは、仮想通貨やFXの売買に関してお勧めしているものではございません。
個人投資家の戦略・展望・調べたこと・資料としてシェアを目的にお届けしております。
ご自身でアクションを起こされる場合は、
時代の流れも早いので、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。

いかなる状況になろうとも、ご自身で出した損失に対して、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

投資は自己責任で!

ページ上部へ戻る