コインチェック破綻の可能性はある?ない?「BTC補償の文言はある」「取引所は分別保管」

コインチェックでNEMが500億~620億円分不正に引き出されたという噂が広まっている。
まだ公式発表はないが、実際に引き出しはされている。

確実にコインチェックのピンチにはかわりない。

私は、コインチェックが好きなのでポジティブ派であります。
なので、失っても構わない額はコインチェックにお金を残しています。
破綻を望まない人はそうしても….(なんて無責任なことは言えないので個人の判断で…)

とりあえず現状を見ていきましょう。

Sponsored Links

コインチェック破綻の可能性はある?ない?

これらのことから、恐らく不正?で出金されているのは確かだ。

今後、コインチェックがどう対応するかにかかっている。
650億は、推測では預り金の25%くらいなのではと思われる。

ネットの反応

https://twitter.com/tyatti/status/956783750725083136

コインチェックは「ビットコインの不正出金を保証」しています。
ただし、この文言は「ネム」とかアルトコインも含むのかよく分かりませんが、普通はOkととれる文ですよね。

そして、取引所で預かる顧客資産はcoincheckの持つ資産とは別に保管されるいわゆる分別保管となります。

なので、楽観的に見ると、補償もされるので、慌てる必要はない、ということになります。

(が、断定はできませんので、最終的には個人の判断で)

過去の被害額

MtGOX :2回目2014年750,000BTC

BitFloor事件:BTC約155億円相当

Poloniex事件:6000万円分相当

Bitstamp事件:12億円相当

Bitfinex事件:777億円相当(今のレートで)
>>>>現在も営業していますね。
>>>>ビットフィネックスは被害者にUSDで償還可能なBFXトークンを発行し、被害にあった投資家のほとんどがスケジュールに従ってゆっくりと着実に返金されたことで有名

これらのことからコインチェックは、当時レートだと過去最大ということになる。
しかし、Bitfinexが着実に信頼を取り戻した事例を踏襲すれば、このピンチを乗り切れるはずだ。

まとめ

個人的には、コインチェックは好きなので、
どうにか生き残って欲しい。

なので資金もちょっと残している。

Sponsored Links


>>ICO・草コイン・超マイナー情報をシェアしていくメルマガ
*パスワードかかっている記事も登録することで読むことが出来ます。




■一目で分かる取引所比較表!




私のおすすめ
・とりあえず「zaif」も「coincheck」も開く。(zaifが今本人認証が遅い)
・物足りなければ「BINANCE」 or 「Kucoin」を開く

個人的感想
・「逆指値が出来る」「取り扱い通貨が豊富」「手数料最安」という意味ではBINANCEが最高だと思う。


登録は以下より

■zaif

>>国内取引手数料最安、スプレッドも最高、zaifに登録はこちら



■coincheck
>>操作性がよく初心者でも使いやすい!国内最大取引所coincheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

■BINANCE

>>初心者卒業したらBINANCE


■Kucoin

>>第2のBINANCEと名高いKucoin




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

HN:ラストラン!
2018年、仮想通貨バブルで成功しなかったら
多分一生億れないと思っています。
ラストチャンスと覚悟を決め
投資に対してラストランになるため
全力で勉強して、絶対に億を掴みます!
私の実践記、戦略お役立ち記事を
シェアしていきます!

ピックアップ記事

  1. ブラックマンデー発生!とネットで大騒ぎです。 昨日お伝えしたことが現実になってしまいました。「企業…
  2. エイダコイン(カルダノ)の将来性と購入方法についてお伝えしていきます。 1月23日の初の仮想通貨格…
  3. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 …
  4. RaiBlocks(ライブロッククXRB)が今後バイナンス上場でどうなるか注目です。 バイナン…
  5. 買ってはいけない仮想通貨はこれ、ロニーモアス氏のツイートで銘柄が出てました。 人によって言うことは…

免責事項

当サイトは、仮想通貨やFXの売買に関してお勧めしているものではございません。
個人投資家の戦略・展望・調べたこと・資料としてシェアを目的にお届けしております。
ご自身でアクションを起こされる場合は、
時代の流れも早いので、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。

いかなる状況になろうとも、ご自身で出した損失に対して、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

投資は自己責任で!

ページ上部へ戻る