コインチェックのハッキングでTrezorが売り切れそう!海外の反応とともに…

コインチェックのハッキング?による不正出金被害が500億円分だとか1000億円分だとか言われている。
これは過去最大の被害額になる可能性があるが、公式発表は23:30に記者会見が待っている。>>580億円分と発表

今回を機に、取引所ではなく個人のウォレットに保管することが進みそうだ。

個人的には楽観視しているが、早速海外にも報道されいろいろな声が届いている。
海外の反応を見てみよう。

Sponsored Links


コインチェックのハッキングでハードウォレットが売れきれそう

以前から、ハードウォレットでの保管についてはたびたび指摘されてきた。
仮想通貨は今までもハッキングは何度もありました。

それの対策として、一番安全とされるのが、キーホルダーのようなアナログのウォレットにて
そこに仮想通貨を入れておくことが言われている。

なので、以下が非常に売れている。

TREZOR

Ledger Nano S

コインチェックのハッキングへの海外の反応

なぜか出川さんの名前まで出ています。
風評被害ですかね…。
ブルームバーグという超有名経済界の会社に名前を取り上げられるとは…という感じです。

そしてZeroHedgeにも取り上げられ海外の反応が非常に多く集まっています。

「2018年DEXの時代になる!」(etha deltaとかそうです)
*DEXは管理人のいない取引所。ここにもイーサのような暗号通貨の技術が使われていて、手数料は高いが自動で効率的に使うことができる。

「なんらか犯罪者だけしか知りえないハッキング法があるんだろう」

「自分のウォレットに入れればいいだけ。そういう時代がくるね。そうするとやはりDEXの需要が高まる。」

「たくさん選択肢あるでしょ」

「専門家が人々に警戒を止め、自分たちのお金で学ぶことを願っています」

「それは本質的に投機的なものやギャンブルだ」

「不可能!これはどうしようもない」

出典:https://goo.gl/udUyKE

まとめ

ハードウォレットは必須ですね。
特にガチホをする、と決めている人は今回のようなことが起こると
やはり「必須」と感じますよね。

私は、トレードが多いのでオンラインですが、
「取引所の分散」「ハードウォレット」
この辺の対策は必要だと痛感しました。

Sponsored Links



>>ICO・草コイン・超マイナー情報をシェアしていくメルマガ
*パスワードかかっている記事も登録することで読むことが出来ます。




■一目で分かる取引所比較表!




私のおすすめ
・とりあえず「zaif」も「coincheck」も開く。(zaifが今本人認証が遅い)
・物足りなければ「BINANCE」 or 「Kucoin」を開く

個人的感想
・「逆指値が出来る」「取り扱い通貨が豊富」「手数料最安」という意味ではBINANCEが最高だと思う。


登録は以下より

■zaif

>>国内取引手数料最安、スプレッドも最高、zaifに登録はこちら



■coincheck
>>操作性がよく初心者でも使いやすい!国内最大取引所coincheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

■BINANCE

>>初心者卒業したらBINANCE


■Kucoin

>>第2のBINANCEと名高いKucoin




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

HN:ラストラン!
2018年、仮想通貨バブルで成功しなかったら
多分一生億れないと思っています。
ラストチャンスと覚悟を決め
投資に対してラストランになるため
全力で勉強して、絶対に億を掴みます!
私の実践記、戦略お役立ち記事を
シェアしていきます!

ピックアップ記事

  1. ビットフライヤーがヤバイ、ということを5月9日に山本一郎氏が発言して、大炎上していた。 そして…
  2. 仮想通貨格付けについて2018年5月での最新情報をお送りします。 格付けで有名なのはwiess社で…
  3. 仮想通貨の取引を行っている方には、マイニングによって収益を得ている方もいらっしゃるでしょう。 マイ…
  4. ブラックマンデー発生!とネットで大騒ぎです。 昨日お伝えしたことが現実になってしまいました。「企業…
  5. エイダコイン(カルダノ)の将来性と購入方法についてお伝えしていきます。 1月23日の初の仮想通貨格…

免責事項

当サイトは、仮想通貨やFXの売買に関してお勧めしているものではございません。
個人投資家の戦略・展望・調べたこと・資料としてシェアを目的にお届けしております。
ご自身でアクションを起こされる場合は、
時代の流れも早いので、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。

いかなる状況になろうとも、ご自身で出した損失に対して、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

投資は自己責任で!

ページ上部へ戻る