イギリス総選挙の労働党が勝ったらどうなる?反応まとめ

2017年6月8日に行われるイギリス総選挙。
当初は2020年に予定されていた総選挙ですが、現在首相である保守党のメイ首相が、4月に議会下院を突然解散し前倒しで実施されることになりました。
今回のこの総選挙の争点を一言で言えば、「EU離脱が決まった今、離脱交渉を誰に任せるか」です。
メイ首相率いる保守党が勝てば、これまでどおりEUに対して厳しい姿勢での交渉となりそうですが、もしこのイギリス総選挙で野党第一党の労働党が勝利することになればどんなことが考えられるのでしょうか?

Sponsored Links

イギリス総選挙の労働党が勝ったらどうなる?

まずはおさらいも含めて労働党について、党首や思想から振り返ってみましょう。

イギリス労働党とは?

労働党は、保守党と並んでイギリスの二大政党制を形成する政党です。
政治的なスタンスは中道左派。
労働組合を支持母体に持つため、低所得者層や若年層の支持が強い傾向にあります。
現在の党首はジェレミー・コービン氏(68歳)。今イギリス総選挙では、EU離脱について受け入れる姿勢を初めて表明し、EU単一市場へのアクセスなどEUとの関係維持を目指す選挙公約を掲げています。

イギリス労働党がもし総選挙で勝ったら

そんな労働党が勝利する場合、まずEUとの関係性については貿易や経済の側面ではヒト、カネの動きはほぼ現状維持、無関税貿易を実現したいという考えですが、この主張はEUからカタチだけ離脱するという実質的な意味で矛盾が生じるので、交渉ではEU27ヶ国からはかなり厳しく攻められることが予想されます。

また為替や株の値動き予測としては、現状ではややリードしている保守党が負ける、つまり予想が大きく覆るため、ブレグジットほどのインパクトではないものの、同様に相場は荒れることが考えられます。
日本では株価が下がり、為替は円高になります。ちなみにブレグジットのときは短時間で日本円/ポンドが、160円から一気に133円ほどまで動きました。実に27円ですね。ちなみにドル円は8円ほどです。

Sponsored Links

イギリス総選挙 労働党がどうなるか?ネットの予想や反応

ここで少し、イギリス総選挙と労働党に関するネットの反応をご紹介します。

「保守党は選挙勝ったらEU離脱の国民投票するらしい。野党のイギリス労働党も反EU、スコットランド国民党が伸びればまたスコットランド独立の話も出てくるようなので、労働党が勝つ以外はリスクオフ?」
「イギリスの選挙は意外なことが起きないといわれる。予想外の逆転劇が起きない。そのまま保守党の勝利かと退屈におもっていたが、野党の労働党コービンが巻き返している。」
「イギリスの選挙、労働党が勝利となるとハードブレクジットの可能性がなくなり、本格的なポンド買いになるんじゃないかな?」
「イギリスの労働党が総選挙で勝利したら云々って言ってるけど、惨敗する未来しか見えない」
「イギリスには、まともな政党もあるんですね。」(英労働党、総選挙勝利なら法人税率を26%へ引き上げ 教育に投資のニュースを受けてのツイート)
「現状では、メイ首相率いる保守党が勝利する可能性が高い。」
「テロとは。イギリス総選挙も雲行きがかなり怪しく。ここぞとばかりにメイ首相(保守党)叩かれリスクオフか。」
「これメイ首相が負けたらポン安?ポン高?わからない。負けたらポン高なんだろうと思う」
「4月のメイ『労働党の支持率を25%上回ってるから圧勝余裕0』現在の世論調査『保守党と労働党の支持率の差が3%に縮まった』現在のメイ『・・・』」
「今週の主な材料(6月5日~6月9日)
今週は変動要因が多数控えており、ともに為替相場の変動要因としては最重要。
1.コミー前FBI長官の証言(6/8)とロシアゲート疑惑行方
2.イギリス総選挙(6/8)
3.フランス国民議会総選挙 第1回投票 (6/11)」
「4月18日のロンドン外国為替市場では、イギリスのメイ首相が総選挙を前倒しする意向を明らかにしたことを受け、政権が安定するとの見方が広がりイギリスの通貨ポンドが買われました。」
「イギリスの宰相は時々開き直るので、勝算のある勝負なのか、博打なのかが分からない。」

出典:ツイッター https://twitter.com/

やはり6月8日のイギリス総選挙、労働党が勝利して政権交代となるのかどうか、株や為替はどうなるのか、世界から注目を集めていますね。
総選挙が決まった当初は保守党優勢とのことでしたが、マンチェスター、ロンドンとテロが相次いだ影響もあるのかわかりませんが、労働党がここへ来て指示を集め猛追しているようです。EU諸国からすれば、もともと保守党と離脱について話し合いも進めているはずなので労働党に勝たれると交渉がまた一からやり直しでより交渉がこじれることになりそうなので避けたいのが本音でしょうか。ただ、労働党が勝てばEU離脱以外の選挙公約に富裕層への課税強化や最低賃金の引き上げなどもあるので、どの国でも問題になっている経済格差の解消から、長期的にみれば株価にプラスの要素とも言えそうですね。

■関連記事

イギリス総選挙2017年6月8日は為替の影響はどうなる?反応をまとめてみた


>>ICO・草コイン・超マイナー情報をシェアしていくメルマガ
*パスワードかかっている記事も登録することで読むことが出来ます。




■一目で分かる取引所比較表!




私のおすすめ
・とりあえず「zaif」も「coincheck」も開く。(zaifが今本人認証が遅い)
・物足りなければ「BINANCE」 or 「Kucoin」を開く

個人的感想
・「逆指値が出来る」「取り扱い通貨が豊富」「手数料最安」という意味ではBINANCEが最高だと思う。


登録は以下より

■zaif

>>国内取引手数料最安、スプレッドも最高、zaifに登録はこちら



■coincheck
>>操作性がよく初心者でも使いやすい!国内最大取引所coincheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

■BINANCE

>>初心者卒業したらBINANCE


■Kucoin

>>第2のBINANCEと名高いKucoin




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

HN:ラストラン!
2018年、仮想通貨バブルで成功しなかったら
多分一生億れないと思っています。
ラストチャンスと覚悟を決め
投資に対してラストランになるため
全力で勉強して、絶対に億を掴みます!
私の実践記、戦略お役立ち記事を
シェアしていきます!

ピックアップ記事

  1. 仮想通貨格付けについて2018年5月での最新情報をお送りします。 格付けで有名なのはwiess社で…
  2. 仮想通貨の取引を行っている方には、マイニングによって収益を得ている方もいらっしゃるでしょう。 マイ…
  3. ブラックマンデー発生!とネットで大騒ぎです。 昨日お伝えしたことが現実になってしまいました。「企業…
  4. エイダコイン(カルダノ)の将来性と購入方法についてお伝えしていきます。 1月23日の初の仮想通貨格…
  5. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 …

免責事項

当サイトは、仮想通貨やFXの売買に関してお勧めしているものではございません。
個人投資家の戦略・展望・調べたこと・資料としてシェアを目的にお届けしております。
ご自身でアクションを起こされる場合は、
時代の流れも早いので、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。

いかなる状況になろうとも、ご自身で出した損失に対して、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

投資は自己責任で!

ページ上部へ戻る