BitRewards(BIT)の購入方法とその評価とは?既にあるロシア系マイニングからのロイヤリティ期待

仮想通貨の取引を行っている方には、マイニングによって収益を得ている方もいらっしゃるでしょう。
マイニングは、自分のコンピュータ処理能力を、ブロックチェーんの計算に提供することで、その対価として仮想通貨を得ることができる仕組みです。
今回ご紹介するICO案件は、同じように、ブロックチェーンによって報酬やロイヤリティを受け取ることができるプロジェクトです。

Sponsored Links


BitRewards(BIT)の購入方法

BitRewards公式HPにサインアップします。

メールアドレスとパスワードを登録すると以下に米国在住等でないことの確認がありますので以下のようにチェックします。

これに登録すると、すぐに専用ダッシュボードが作られ、トップページに送金アドレスがあります。

ただし、取引所から直接送らないようにしてください。ERC-20対応のMyEtherWallet等から送金しましょう。

*すべてにおいて偽サイトに注意!特にgoogle検索の広告は要注意です。以下のリンクは大丈夫です。

・日本の取引所口座
*最近どこもトラブルニュースがありますが、とりあえず手数料最安はZaifです。Zaifはこちらから
*末永く使うなら私が試した中で一番よい取引所はBitbankです。ここがベスト!

MyEtherWallet を開いておく

*MyEtherWalletの開き方、送金の仕方はこちら

 

■購入の流れ

・日本の取引所に日本円を入金
*zaifからの入金・送金方法はこちら

・イーサリアムを、購入したい額+手数料(おおよそですが1200円くらい見ておけば良いかと)購入
*投資・投機はあくまで消えてもいい額ですよ!どんなに素晴らしいものでも

・イーサリアムを「MyEtherWallet」に送金
*MyEtherWalletの開き方、送金の仕方はこちら

ダッシュボードより、送信先のアドレスをコピー
*送る通貨と同じアドレスじゃないと送信失敗で消える可能性もあるので間違えないように

・「MyEtherWallet」から上記アドレスに送る

・入金確認。ダッシュボードに表示されます。その後のことは上場の情報などきますので運営の指示を待ちましょう。

 

BitRewards(BIT)の概要

BitRewardsは、Eコマースのビジネスでブロックチェーン技術による報酬やロイヤリティを得ることができるシステムです。
このシステムを使うと、オンラインストアは、顧客に対して「BIT」という仮想通貨(暗号通貨)で、何らかの報酬またはロイヤリティを付与することができます。
ちなみに「BIT」は売り上げを平均17%アップさせるのに役立つもの」といううたい文句です。

今や売り手と消費者の関係は「敵同士」と言えると、プロジェクトでは考えているようです。
顧客はブランドや売り手にこだわらずに、自由にそれらを選ぶことができるようになりました。
一方、売り手は顧客数を維持し、他社へ流出しないように、いろいろな工夫をしなければなりません。

BitRewardsは、こうした状況を変え、売り手と顧客の関係が再び良いものになるよう、デザインされているということです。
技術的にはAI(人工知能)を用いたブロックチェーン・プラットフォームということで、顧客の行動を学習して報酬やロイヤリティを与える仕組みのようです。

「AI」と「ブロックチェーン」という、トレンドを組み合わせたプロジェクトなのが興味深いですね。

ICOに関する情報は以下のとおりです。

トークン: BIT
プラットフォーム:Ethereum
参加可能通貨: ETH, BTC
ベース企画: ERC20
レート: 1 BIT = 0.00003472 ETH
トークンセールの日程: 2018-04-12~2018-05-09
ソフトキャップ: 3,000,000 USD
ハードキャップ: 15,000,000 USD
国: シンガポール
上場の時期: 不明(上場先は「Livecoin」の模様)
Twitter: https://twitter.com/bitrewards
Webサイト: https://bitrewards.network
テレブラム: https://t.me/bitrewards
ホワイトペーパー: https://bitrewards.network/wp.pdf

 

参考:https://icobench.com/ico/bitrewards

Sponsored Links


BitRewards(BIT)の評価・魅力とは?

記事執筆時点で、BitRewardsプロジェクトは非常に高い評価です。
なんといってもエキスパート59人の総合評価が5点満点なので、かなりの優良プロジェクトだと思います。

概要にも示しましたが、技術的には、トレンドを取り入れた技術ということで注目すべき案件です。
また、コンセプトも面白く、売り手と消費者の関係性を良くしていくという点に共感する人は多そうですね。

個人的には、AIを使って分析した顧客の行動を、ロイヤリティに活用するというのが非常に新鮮な発想だと感じました。
これまでプロダクトやサービスの提供については広くデータ分析が活用されてきましたが、
それをロイヤリティにも適用することで、売り手が顧客獲得しやすい環境を構築できる、というのが魅力だと思います。

BitRewards(BIT)の専門家の評価まとめ

エキスパートたちのコメントをいくつかご紹介しましょう。

強力なチームだね。うまくいくと思うよ。
報酬についてのプログラムは大好きなんだ。すごく良いコンセプトで、ビジネスサイドにも消費者再度にも明るいプロジェクトだね。
このチームはよく頑張ってるよ。
BitRewardsは大きな可能性を持ってるよ。頑張って!
トークンで報酬を払うのは、仮想通貨業界ではホットで新しいこと。プロジェクトがどこへ向かうのか楽しみだ。
前部いいけれど、気がかりなのは日用品市場(FMCG sector)には巨人や恐竜がいることだ。
メンバーはロシア出身なのに国はシンガポールなの?あと、今の状態ではトークンの価値が過剰じゃないかな。
(上記への変身で) BitRewardsプロジェクトはシンガポールで登録されています。またアメリカのロサンゼルスとヨーロッパにオフィスをオープンする計画もあります。
こんなにネガティブな要素が見つからないプロジェクトは珍しい。
とても良いプロジェクトなので、長い目でトークンをホールドするよ。

チーム力や将来性を評価するコメントが多いですね。
一部懸念する声もあるようですが、これまでご紹介してきたICO案件の中でもかなり少ないと思います。

まとめ

「売り手」と「顧客」の関係性に着目したICO案件は他にもありますが、
多くは売り手側の需要を想定したものです。本案件のように、
顧客側に利益をもたらすというコンセプトは、歓迎すべき発想ではないでしょうか。

ICO案件を見ていると、アイデアの豊富さに感心することが多いのですが、
BitRewardsプロジェクトは、関心というより、わくわくさせられるプロジェクトだなあ、というのが率直な感想です。

記事では簡単にご紹介しましたが、トークンを購入される場合は
ホワイトペーパーや各種SNSでの発表をご覧いただき、ご検討いただければと思います。


>>ICO・草コイン・超マイナー情報をシェアしていくメルマガ
*パスワードかかっている記事も登録することで読むことが出来ます。




■一目で分かる取引所比較表!




私のおすすめ
・とりあえず「zaif」も「coincheck」も開く。(zaifが今本人認証が遅い)
・物足りなければ「BINANCE」 or 「Kucoin」を開く

個人的感想
・「逆指値が出来る」「取り扱い通貨が豊富」「手数料最安」という意味ではBINANCEが最高だと思う。


登録は以下より

■zaif

>>国内取引手数料最安、スプレッドも最高、zaifに登録はこちら



■coincheck
>>操作性がよく初心者でも使いやすい!国内最大取引所coincheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

■BINANCE

>>初心者卒業したらBINANCE


■Kucoin

>>第2のBINANCEと名高いKucoin




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

HN:ラストラン!
2018年、仮想通貨バブルで成功しなかったら
多分一生億れないと思っています。
ラストチャンスと覚悟を決め
投資に対してラストランになるため
全力で勉強して、絶対に億を掴みます!
私の実践記、戦略お役立ち記事を
シェアしていきます!

ピックアップ記事

  1. ビットフライヤーがヤバイ、ということを5月9日に山本一郎氏が発言して、大炎上していた。 そして…
  2. 仮想通貨格付けについて2018年5月での最新情報をお送りします。 格付けで有名なのはwiess社で…
  3. 仮想通貨の取引を行っている方には、マイニングによって収益を得ている方もいらっしゃるでしょう。 マイ…
  4. ブラックマンデー発生!とネットで大騒ぎです。 昨日お伝えしたことが現実になってしまいました。「企業…
  5. エイダコイン(カルダノ)の将来性と購入方法についてお伝えしていきます。 1月23日の初の仮想通貨格…

免責事項

当サイトは、仮想通貨やFXの売買に関してお勧めしているものではございません。
個人投資家の戦略・展望・調べたこと・資料としてシェアを目的にお届けしております。
ご自身でアクションを起こされる場合は、
時代の流れも早いので、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。

いかなる状況になろうとも、ご自身で出した損失に対して、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

投資は自己責任で!

ページ上部へ戻る