AdHive(ADH)の購入方法とその評価!「マーケティングに革命を起こすかも」「ニッチな市場役立つか」

海外のICO格付けサイトで優良なプロジェクトに
「AdHive」というのがあります。
詳細は後述しますが、AIを用いたマーケティングプラットフォームです。

「AdHive」の格付け評価は高く、専門家のみの評価にいたっては最高です。
なかなか面白そうなプロジェクトなので、「AdHive(ADH)」について紹介したいと思います。

Sponsored Links


Sharpay(SHRP)の購入方法

AdHiveもMyEtherWalletからイーサリアムを送ることで参加できますえ。。
またここはKYC(個人証明)が少額でも必要なようです。

*すべてにおいて偽サイトに注意!特にgoogle検索の広告は要注意です。以下のリンクは大丈夫です。

・日本の取引所口座
*最近どこもトラブルニュースがありますが、とりあえず手数料最安はZaifです。Zaifはこちらから(開設まで1,2週間かかります)

MyEtherWallet を開いておく

*MyEtherWalletの開き方、送金の仕方はこちら

 

■AdHive(ADH)購入の流れ

・日本の取引所に日本円を入金
*zaifからの入金・送金方法はこちら

・イーサリアムを、ADH購入したい額+手数料(おおよそですが1000円くらい見ておけば良いかと)購入
*投資・投機はあくまで投資額の調整が重要です。無理な額は絶対にやらない。

・イーサリアムを「MyEtherWallet」に送金
*MyEtherWalletの開き方、送金の仕方はこちら

AdHive(ADH)にサインアップする

・AdHive(ADH)で、「2FA」(2段階認証)して、「MyEtherWalletのアドレス入力」して、KYCを入力します。

・AdHive(ADH)rのダッシュボードより、送信先のアドレスをコピー
*送る通貨と同じアドレスじゃないと送信失敗で消える可能性もあるので間違えないように


・「MyEtherWallet」から上記アドレスに送る

・入金確認。ダッシュボードに表示されます。その後のことは上場の情報などきますので運営の指示を待ちましょう。

 

 

AdHive(AHD)の概要

「AdHive(ADH)は面白いコンセプトを持ったプロジェクトです。

AIによってコントロールされた、インフルエンサー・マーケティング・プラットフォームというのが概要です。

当然ながら、ここでいうインフルエンサーは、マーケティングについて影響力を持っている人々のことです。
今まではインフルエンサーにアプローチを行い、うまく商品を宣伝してくれるように
人間からいろいろと策を講じてきました。

しかし、AdHiveは、それらの作業を、ブロックチェーン技術を用いて自動化するというのです。
そして、節約した時間を、また別のインフルエンサーへのアプローチに使えるというわけです。

で、どうやらAdHiveのコアはTVやビデオのブロガーを通じて広告を広めコンテンツをマネタイズしていくことにあるようです。
そして、ゴールは、より簡単に国際的なキャンペーンを立ち上げることができるようにすること、らしいです。

ICOに関する情報は以下のとおりです。

トークン: ADH
プラットフォーム:Ethereum
参加可能通貨: ETH, BTC, Fiat
最小投資価格: 0.05 ETH, 0.005 BTC
ベース企画: ERC20
レート: 1 ADH = 0.0002 ETH
トークンセールの日程: 2018-02-28 – 2018-03-14
ソフトキャップ: 2,000,000 USD
ハードキャップ: 3,000,000 USD (pre-sale), 12,000,000 USD (sale)
国: エストニア
上場の時期:
Twitter: https://twitter.com/AdhiveTv
Webサイト: https://adhive.tv/?utm_source=icobench&utm_medium=listing&utm_campaign=ico
テレブラム: https://t.me/adhivetv
ホワイトペーパー: https://adhive.tv/docs/AdHive_Whitepaper.pdf

 

参考:https://icobench.com/ico/adhive

Sponsored Links


AdHive(ADH)の評価・魅力とは?

AdHiveプロジェクトは、参考URLの53人の専門家の評価で4.3となっています(変動有り)。
ただ専門家(エキスパート)AIの評価は5.0ですから、有望視されているプロジェクトに間違いありません。

AdHiveはビデオ(やそのブロガー)を中核としたマーケティング・プラットフォームということで、注目度は高いのではないでしょうか。
コンテンツ製作者と、そのコンテンツへの登録者をターゲットに、AIを用いたマーケティングを行うということで、
マネタイズの効率は今まで人手でやっていたのに比べると十分に効率的です。

技術的には、もはやブロックチェーン技術を使うのは当たり前かもしれませんが、
そこにAIとスマートコントラクトを介在させることで、
AdHiveはミッションを達成するようです。

筆者個人は良いアイデアだと思います。が、この手の発想は世界中を見渡すとだれかが思いついていそうですよね。
「新鮮味」という意味でどうかな?という懸念はあります。

 

AdHive(ADH)の専門家の評価まとめ

とはいえ、専門家の評価はとても高いので、コメントを拾ってみましょう。

ナイスアイデア。開発がどう進んでいくか楽しみ。
トップアドバイザーが良い
興味深いね。今のマーケティングに革命を起こすかもしれない。
チームはパワフルだけど、実際のところ、あまり良いとは思えないな。
コンセプトは良いとおもう。けれど、実際に期待されるほどの利益が出るかどうかは疑問だね。
なんでAIが必要か分からないし、プロジェクト全体にブロックチェーンは本当に必要か?
インフルエンサーとブロガーを繋ぐ良いプロダクトだ。
LinkedInからメンバーをつれてきたら?
AIの状況とか開発状況が知りたい。
AIベースのインフルエンサー・マーケティング・プラットフォームは何かのニッチな市場で役立つかもね。

コメントをみると、投資家の皆さんは興味をもっているようですが、技術のことを理解している方にとっては、懸念材料もあるようですね。
ここらへんはどのICOにおいても未知のものを実現しようとするわけですから、疑念が生まれるのは無理もありません。

 

まとめ

マーケティングを常日頃から意識している方にとっては、AdHiveは魅力的な投資対象なのかもしれません。
何よりAI制御であることが筆者にとっては魅力的です。

ですが、ブロックチェーンでプロダクトを実現しようとする動きには、必ず警鐘を鳴らす人もいるということが理解できます。
あと、AIはいいのですが、トレンドに乗っているだけで、その必要性があるのかどうか、といった点も懐疑的な見方があるのは気になります。

が、日本で言えばヒカキンさんにゲーム関係の広告を、わざわざ交渉することなくAIマッチングでお願いできるということなので、商品側としては非常に手間が省け、もちろんヒカキンさんが宣伝すれば普通に売れるでしょうから、素晴らしいシステムといえるでしょう。

まだ開発もアルファ版ということなので、投資する場合はプロジェクトの動きをよく見て、判断されるのが良いかと思います。

Sponsored Links



>>ICO・草コイン・超マイナー情報をシェアしていくメルマガ
*パスワードかかっている記事も登録することで読むことが出来ます。




■一目で分かる取引所比較表!




私のおすすめ
・とりあえず「zaif」も「coincheck」も開く。(zaifが今本人認証が遅い)
・物足りなければ「BINANCE」 or 「Kucoin」を開く

個人的感想
・「逆指値が出来る」「取り扱い通貨が豊富」「手数料最安」という意味ではBINANCEが最高だと思う。


登録は以下より

■zaif

>>国内取引手数料最安、スプレッドも最高、zaifに登録はこちら



■coincheck
>>操作性がよく初心者でも使いやすい!国内最大取引所coincheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

■BINANCE

>>初心者卒業したらBINANCE


■Kucoin

>>第2のBINANCEと名高いKucoin




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

HN:ラストラン!
2018年、仮想通貨バブルで成功しなかったら
多分一生億れないと思っています。
ラストチャンスと覚悟を決め
投資に対してラストランになるため
全力で勉強して、絶対に億を掴みます!
私の実践記、戦略お役立ち記事を
シェアしていきます!

ピックアップ記事

  1. ビットフライヤーがヤバイ、ということを5月9日に山本一郎氏が発言して、大炎上していた。 そして…
  2. 仮想通貨格付けについて2018年5月での最新情報をお送りします。 格付けで有名なのはwiess社で…
  3. 仮想通貨の取引を行っている方には、マイニングによって収益を得ている方もいらっしゃるでしょう。 マイ…
  4. ブラックマンデー発生!とネットで大騒ぎです。 昨日お伝えしたことが現実になってしまいました。「企業…
  5. エイダコイン(カルダノ)の将来性と購入方法についてお伝えしていきます。 1月23日の初の仮想通貨格…

免責事項

当サイトは、仮想通貨やFXの売買に関してお勧めしているものではございません。
個人投資家の戦略・展望・調べたこと・資料としてシェアを目的にお届けしております。
ご自身でアクションを起こされる場合は、
時代の流れも早いので、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。

いかなる状況になろうとも、ご自身で出した損失に対して、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

投資は自己責任で!

ページ上部へ戻る