経済指標前に逆指値を入れる驚きのやり方が公開される!

経済指標トレードをする人の中には、逆指値を入れてトレードする人がいる。
というか私自身もそれを実践しているのですが、それをやるメリットデメリット、そしてやり方について
見ていきたいと思います。

指標発表前に逆指値を入れてトレードするやり方

まずは指標発表前に逆指値を入れてトレードするやり方について公開していきます。
非常に驚きの手法でありますので是非期待してやり方を見てください。

これは、恐らく指標発表してすぐ成り行きトレードすることに限界を感じた人の中で
この発想にたどり着く人がいるものです。

コンピュータートレードに勝てるはずはなく、また、人は目で見た情報を脳で処理して行動するまでに0.7秒かかると言われています。
コンピューターはそれより早くできます。
個人トレーダーが、指標発表直後のトレードで「スピード」で勝てることは不可能なわけです。

そこで、だったらこの方法は…というのが「指標発表前に逆指値」でトレードするやり方なのです。

1、指標発表の時間数秒前に、現在レートの上下数pipsのところに買いと売りの逆指値を入れる。
すなわち、上に買い、下に売りとなる。

>このように挟み撃ちするわけですね。こうすることで、どちらかに一方的に値が動いたときに、川の流れに乗るように利益を上げることが出来る。

2、念のため、どちらにもストップは入れておく

3、決済は、人による

>決済はスキャルする人もいますし、スイング的にストップは浅く、利は伸ばす、というタイプが多いです。

指標発表前に逆指値トレードのメリットデメリット

このやり方を見てどう思いましたか?
非常に画期的ですよね。

ただし、この世に完璧なものは存在しませんので、しっかりとデメリットを知って、デメリットを潰しながらやっていくことで
利益を得ることが出来るのです。

それでは見ていきましょう。

メリット

・事前に仕込むことで一方的に動いたときに、片方を損切することなく利益だけを得れる
・スキャルにしろ、スイングにしろほぼ一瞬でトレードは終わるので時間がとられない
・トレードする時間が決まっているので時間がない人に最適
・成功すれば大利益が得ることが出来る

デメリット

・業者によってはスプレッド拡大が酷い。
・良い業者でも多少はスプレッド拡大するのでそれを考慮する必要がある
・ストップを入れ忘れたり、入れられないと損失が大きくならないか心配
・手動では直前に逆指値をいれるのに時間がかかるので、値動きが荒い時に心配
・上にちょっといって、すぐに戻ってきて、また上にいくようなM字かW字相場だと損失する
・決済をどこでしていいか分からない

といったことが考えられます。

デメリットは何をしても発生します。
しかし、まずデメリットを自覚している人と、してない人ではどちらの方が強いでしょうか?
もちろん「自覚している人」です。

そして、その対策をしている人が一番強いわけです。

上記の★のデメリットに対しては以下の方法で潰すことが出来ます。

指標発表トレード直前逆指値戦略は皆ツールを使っている

★のデメリットを埋める、有名なツールがあります。
『MyPyramid指標発表トレード専用版』というもので有名なもので愛用者も多いものです。

これは秒まで指定できる指定時間に逆指値を同時に仕込むことが出来ます。
しかも、事前にいろいろと設定できます。

・ストップ
・利益確定pips
・ピラミッディングの幅
・利益確定%
・何秒刺さらなかったら取り消しにするかの秒指定
・片方が刺さったら、もう片方を取り消しにするかしないかのONOFF
・何pips滑ったらエントリーしないか

などなど。必要な要素がそろっています。

使っている動画も多くアップされています。

当然ながら、マシな業者でストップを小さくして、トレードし続けけることで、M字相場、W字相場は時々しかありませんので
利益は積み重なっていきます。何よりトレード時間が1分もしない!というところがよく、私も長く使用しているトレード手法のひとつであります。

もし、10分20分かかる方法だったら続いていないでしょう。設定時間も含めて、週に2,3回をたった2,3分でトレード終えてしまうのです。
それで、50pipsとか取れた日には、時給がすごいことになりますので、コスパが非常にいいんですね。

ツールに興味のある方は以下のリンクよりお願いします。
https://goo.gl/RbjtgE

またこれをお試しに使いたいという方は、口座開設するという条件によってある業者で使うことが出来ます。
それが以下となります。
Forex.com口座開設


>>ICO・草コイン・超マイナー情報をシェアしていくメルマガ
*パスワードかかっている記事も登録することで読むことが出来ます。




■一目で分かる取引所比較表!




私のおすすめ
・とりあえず「zaif」も「coincheck」も開く。(zaifが今本人認証が遅い)
・物足りなければ「BINANCE」 or 「Kucoin」を開く

個人的感想
・「逆指値が出来る」「取り扱い通貨が豊富」「手数料最安」という意味ではBINANCEが最高だと思う。


登録は以下より

■zaif

>>国内取引手数料最安、スプレッドも最高、zaifに登録はこちら



■coincheck
>>操作性がよく初心者でも使いやすい!国内最大取引所coincheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

■BINANCE

>>初心者卒業したらBINANCE


■Kucoin

>>第2のBINANCEと名高いKucoin




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

HN:ラストラン!
2018年、仮想通貨バブルで成功しなかったら
多分一生億れないと思っています。
ラストチャンスと覚悟を決め
投資に対してラストランになるため
全力で勉強して、絶対に億を掴みます!
私の実践記、戦略お役立ち記事を
シェアしていきます!

ピックアップ記事

  1. ビットフライヤーがヤバイ、ということを5月9日に山本一郎氏が発言して、大炎上していた。 そして…
  2. 仮想通貨格付けについて2018年5月での最新情報をお送りします。 格付けで有名なのはwiess社で…
  3. 仮想通貨の取引を行っている方には、マイニングによって収益を得ている方もいらっしゃるでしょう。 マイ…
  4. ブラックマンデー発生!とネットで大騒ぎです。 昨日お伝えしたことが現実になってしまいました。「企業…
  5. エイダコイン(カルダノ)の将来性と購入方法についてお伝えしていきます。 1月23日の初の仮想通貨格…

免責事項

当サイトは、仮想通貨やFXの売買に関してお勧めしているものではございません。
個人投資家の戦略・展望・調べたこと・資料としてシェアを目的にお届けしております。
ご自身でアクションを起こされる場合は、
時代の流れも早いので、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。

いかなる状況になろうとも、ご自身で出した損失に対して、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

投資は自己責任で!

ページ上部へ戻る