経済指標トレードのメリットとデメリット 雇用統計と他じゃ大違い

経済指標発表時に大きくレートが動くというのは、少しFXや為替をかじった人であればよく知っていることでしょう。
この大きな波に乗れれば、素晴らしい利益が得れるのでは?と甘い期待でトレードしてみたものの
一定数の人はうまくいかない。それはなぜか?

何事にもメリットとデメリットが存在するように、経済指標トレードにも同じように存在する。
また、同時にそこには業者の思惑も存在する。

Sponsored Links

経済指標トレードのメリットとデメリット

経済指標発表トレードは、かく言う私もたくさんのトレード経験があります。
途中からこれは手動は無理だと分かり、ツールを使うようになりましたが、それについては別記事で紹介するとして
何よりも、トレードとして勝負する前に、経済指標の良しあしをしっかりと理解していなければ
ただただリスクでしかありません。

知らない=リスク であります。

その前にFX証券会社の仕組みを簡単に理解する必要があります。

大人なら当然のことですが、銀行では自分が預けたお金をそのまま個別で保存しているわけではありませんね。
預けたお金は増やすためのことに使われるわけです。貯金の通帳残高はデジタル上の数字が動いているだけであります。
FX会社も同じですが、今までの不正で顧客に還元できなかった事件を経て、金融庁も世界で一番規制していまして
一応顧客分の資産は守られる仕組みになっています。(証券会社が不正していなければ)
そして、多くのFX会社は、顧客とWIN-LOSEの関係です。(すべてとは言いませんが)
すなわち、顧客が負ければ会社が儲かる。顧客が大勝すれば会社の損失、ということです。

ですので、顧客が大勝する可能性のある雇用統計といった経済指標において
証券会社側も、「対策」をするわけです。

あの動き、ツールを使えば動いた瞬間に順張りにさして抜けば簡単に利益にできそうですが、そう簡単ではないんですね。
表向きは「顧客の取引が集中し」とか「システムが~~~~」とされていますが、本音は「大勝されたらこまるので」でしょう。

その対策の王道は「スプレッド拡大」であります。

一般トレーダーの雇用統計のとらえ方

全てにはメリットとデメリットが共存するので、本質はいかにデメリットを潰しながらうまくできるか、にかかると
私は思っていますが、
まずは一般トレーダーが雇用統計についてどう反応しているか見てみましょう。

とまあ、いろいろな人がいるわけです。

これはその人が使っている手法にもよりますね。
例えば決まったルールで取引する自動売買なんかは、指標発表前後はセオリー通りではない動きをするのは確実ですので
その時間帯は止めるというトレーダーが非常に多いです。

Sponsored Links

スプレッド拡大が分かるツール・サイト

それでは各業者のスプレッド拡大はどれほどのものなのか?
それを示してくれるのはいくつかあります。

1、fx-onスプレッド比較

http://fx-on.com/spread/

業者は日本業者のいくつかに限られていますが、週足で見ると確実に経済指標発表時にスプレッドが広がっているのが分かります。

2、Myfxbook

こちらはリアルタイムで示しています。期間限定でグラフにしていないので、リアルタイムをチェックする必要があります、
非常に細かく、海外の非常に多くの証券会社をカバーしています。

実際に、経済指標トレードで良かった時と悪かった時を見てみましょう。

Sponsored Links

トレードに潜むメリットとデメリット

それでは前置きが非常に長くなりましたが、経済指標発表時にトレードをする上でのメリットとデメリットを伝えていきましょう。

メリット

☑うまくやれば大きな利益を得ることが出来る
☑利益がでるのが数秒と1分以内のトレードで済む
☑時間が決まっているので一日の計画が立てやすい

デメリット

☑大きな損失をする可能性がある
☑スプレッド拡大が業者によっては酷い
☑いってこいの動きをされると非常に難しい
☑約定が大きく滑ることがある

といったことです。

また、スプレッド拡大については、雇用統計とその他のものでは雲泥の差であることは、経験上わかっていますので
それについては伝えておきます。
正直、雇用統計以外で、大きく動いたときは非常にラッキーで大きな利益を得ることが出来ますが
何十回に1回と非常に稀なので毎回空振りを繰り返さなければならないというデメリットがあります。
なぜなら、誰も予想していない「予想外」の時に大きく動くので、「これくるだろう」と思ってないものに限ってそうだからです。

ここでは深く触れませんが、トレードにおいて「リスクがない」ということはありません。
やはりレベルの高いトレーダーが考えていることは
メリットとデメリットを把握し、デメリットを潰すことに無心していることです。
それは、様々なトレーダーに接してきた私が非常に実感するところであります。

逆にダメトレーダーは、「業者のせい」にするパターンが多いです。
確かに多くが、業者と顧客はWIN-LOSEの場合が多いですが
勝っているトレーダーは、「業者には無難に」その上で自分は勝つという思考です。

また、「どの業者がスプレッド拡大が小さくてよい業者か?」という質問は受け付けていませんのでご了承ください。
それは私の立場上いろいろな業者さんとのお付き合いがあるのもありますし、
業者は変化するものですので、ある時期はスプレッドが小さくても、ある時期から広くなったり、約定率が変わったりするものですので
一概に「ここがいいです」と無責任なことは言えません。
その点はご了承ください。

ただ、ひとつだけ言えるとしたら「安易にスプレッドが狭い業者を選べばいいわけではない」ということです。
スプレッドが一番狭いところを選ぶ、というのは非常に安易な考えです。

「業者に利益をあげさせる」という発想があるトレーダーこそ、稼いでいます。

Sponsored Links


>>ICO・草コイン・超マイナー情報をシェアしていくメルマガ
*パスワードかかっている記事も登録することで読むことが出来ます。




■一目で分かる取引所比較表!




私のおすすめ
・とりあえず「zaif」も「coincheck」も開く。(zaifが今本人認証が遅い)
・物足りなければ「BINANCE」 or 「Kucoin」を開く

個人的感想
・「逆指値が出来る」「取り扱い通貨が豊富」「手数料最安」という意味ではBINANCEが最高だと思う。


登録は以下より

■zaif

>>国内取引手数料最安、スプレッドも最高、zaifに登録はこちら



■coincheck
>>操作性がよく初心者でも使いやすい!国内最大取引所coincheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

■BINANCE

>>初心者卒業したらBINANCE


■Kucoin

>>第2のBINANCEと名高いKucoin




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

HN:ラストラン!
2018年、仮想通貨バブルで成功しなかったら
多分一生億れないと思っています。
ラストチャンスと覚悟を決め
投資に対してラストランになるため
全力で勉強して、絶対に億を掴みます!
私の実践記、戦略お役立ち記事を
シェアしていきます!

ピックアップ記事

  1. ブラックマンデー発生!とネットで大騒ぎです。 昨日お伝えしたことが現実になってしまいました。「企業…
  2. エイダコイン(カルダノ)の将来性と購入方法についてお伝えしていきます。 1月23日の初の仮想通貨格…
  3. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 …
  4. RaiBlocks(ライブロッククXRB)が今後バイナンス上場でどうなるか注目です。 バイナン…
  5. 買ってはいけない仮想通貨はこれ、ロニーモアス氏のツイートで銘柄が出てました。 人によって言うことは…

免責事項

当サイトは、仮想通貨やFXの売買に関してお勧めしているものではございません。
個人投資家の戦略・展望・調べたこと・資料としてシェアを目的にお届けしております。
ご自身でアクションを起こされる場合は、
時代の流れも早いので、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。

いかなる状況になろうとも、ご自身で出した損失に対して、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

投資は自己責任で!

ページ上部へ戻る