経済指標カレンダーで重要度の記載がある日本の証券会社を徹底比較!

経済指標カレンダーの重要度の記載があるのは非常に助かります。
最近では多くの日本の証券会社もカレンダーの中に「重要度」を☆や◎で示す会社が多くなってきました。
このような感じですね。マネパは古くから重要度を示していましたね。

出典:https://www.moneypartners.co.jp/market/schedule/

Sponsored Links

経済指標カレンダーで重要度の記載がある日本の証券会社を徹底比較!

経済指標カレンダーについては別記事でも載せましたように
検索上位10社を調べた結果が以下です。

重要度については「◎」が5段階以上で分かるものとなっています。
「〇」は3段階となります。

 
証券会社 リアタイ更新 重要度表記 前回・予想 変動幅情報 見やすさ
マネーパートナーズ  〇 ×
みんなの外為  〇
ヤフーファイナス  〇 ×  ◎
 investing.com  〇 ×  △
 GMOクリック証券 ×
 外為ドットコム × ×
 マネックス ×
 FX STREET ×
 みんなのFX ×
Eagle FX ×

 

以上のように「重要度」を5段階で知りたい人は

・マネーパートナーズ
・みんなの外為
・GMOクリック証券

の3つから選ぶことになります。

経済指標といえば、外為どっとコムが提供する「経済指標フラッシュ!」が有名ですが、意外と外為どっとコムのカレンダーは重要度が2段階のみです。

Sponsored Links

経済指標の重要度に関して水を差すようですが…

前述で5段階の経済指標カレンダーを提供している日本の証券会社を紹介した後で水をさすようですが、
正直なところ、悪く言えば、、「自動で割り振っているだけ」とも言えます。

業者によって☆の数は違うとは言え、同業者では毎月もちろん「米雇用統計」は最大レベルですし、毎回「米GDP」は☆2つだったりと毎月同じです。

リアルタイムで判断すると、例えば「今回は、今の経済状況やトランプ大統領がこんな政策を打ち出したから、GDPで市場は大きく反応するだろう」といったその時その時の柔軟な判断をしているわけではない、というのはわかっておくべきです。

実際、どの指標が一番動くかは、「最近のニュース」「指標の意味」を分かっている人が一番繊細に予想出来て、ボラティリティの予想の精度も高いのではないかと思います。
そこは間違えないようにしたいところであります。

Sponsored Links


>>ICO・草コイン・超マイナー情報をシェアしていくメルマガ
*パスワードかかっている記事も登録することで読むことが出来ます。




■一目で分かる取引所比較表!




私のおすすめ
・とりあえず「zaif」も「coincheck」も開く。(zaifが今本人認証が遅い)
・物足りなければ「BINANCE」 or 「Kucoin」を開く

個人的感想
・「逆指値が出来る」「取り扱い通貨が豊富」「手数料最安」という意味ではBINANCEが最高だと思う。


登録は以下より

■zaif

>>国内取引手数料最安、スプレッドも最高、zaifに登録はこちら



■coincheck
>>操作性がよく初心者でも使いやすい!国内最大取引所coincheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

■BINANCE

>>初心者卒業したらBINANCE


■Kucoin

>>第2のBINANCEと名高いKucoin




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

HN:ラストラン!
2018年、仮想通貨バブルで成功しなかったら
多分一生億れないと思っています。
ラストチャンスと覚悟を決め
投資に対してラストランになるため
全力で勉強して、絶対に億を掴みます!
私の実践記、戦略お役立ち記事を
シェアしていきます!

ピックアップ記事

  1. ブラックマンデー発生!とネットで大騒ぎです。 昨日お伝えしたことが現実になってしまいました。「企業…
  2. エイダコイン(カルダノ)の将来性と購入方法についてお伝えしていきます。 1月23日の初の仮想通貨格…
  3. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 …
  4. RaiBlocks(ライブロッククXRB)が今後バイナンス上場でどうなるか注目です。 バイナン…
  5. 買ってはいけない仮想通貨はこれ、ロニーモアス氏のツイートで銘柄が出てました。 人によって言うことは…

免責事項

当サイトは、仮想通貨やFXの売買に関してお勧めしているものではございません。
個人投資家の戦略・展望・調べたこと・資料としてシェアを目的にお届けしております。
ご自身でアクションを起こされる場合は、
時代の流れも早いので、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。

いかなる状況になろうとも、ご自身で出した損失に対して、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

投資は自己責任で!

ページ上部へ戻る