経済指標の米雇用統計発表速報で最も速かったTwitterアカウントはこれ

経済指標の米雇用統計発表速報はどこが一番速いか?
これは永遠の課題かと思います。
基本は、最速は外為どっとこむの『経済指標フラッシュ』が最強だとは思いますが条件がありますので(口座開設していくら以上の入金。私が知っている時は10万)
無料で誰でも、となるとやはりリアルタイムとなるとTwitterアカウントとなるでしょう。

Sponsored Links

経済指標の米雇用統計発表速報のtwitterはどこが最速?

実はある方法を使うとTwitterのツイート時間を「秒」単位まで調べられることに気づきましたので、
FX関連のアカウント30個を調べて、次の条件のものを速い順にランキングしました。

「経済指標をつぶやいる」
「ツイートに結果が載っている」(ブログに飛ぶのは除外)(セントラルやDMMがそうだった)

の2点を満たしているのは30アカウントのうち6個だけでした。(うち2個はフォロー許可制でフォロー待ち。外為どっとこむとForex.com)

調べたアカウントは、日本のFX証券会社+海外はFXDDとPepperstone、その他有名ニュース会社(cnnとかFinancialNewsとかエコノミストとか)

それではいよいよ発表します!!

Sponsored Links

米雇用統計発表速報最速Twitterアカウントランキング

経済指標の米雇用統計発表速報はどのTwitterアカウントが速いか??

◆調べ方

前述の30コのアカウントの2017年2月3日の米雇用統計のツイートを「秒」単位で調べて比べてみました。

■第1位 22時30分03秒

■第2位 22時30分30秒

■第3位 22時31分01秒

■第4位 22時31分25秒

■第5位 22時32分01秒

■第6位 22時41分12秒

という結果でした。
*外為どっとコムとForex.comはフォロー待ちです。

岡三のアカウントは確かに他サイトでも速いという噂は聞いたことが昔ありましたが
健在でしたね!

たった3秒ということなので、恐らくボットでそういう仕組みを作っているかと思います。

ということで。経済指標速報をもっとも早く知るための「経済指標フラッシュ」に次ぐ
第2の選択肢は、無料で誰でも入手できる「岡三証券(@okasanman)のツイート」ということで結論づけます!

フォローするしかないですね。

Sponsored Links


>>ICO・草コイン・超マイナー情報をシェアしていくメルマガ
*パスワードかかっている記事も登録することで読むことが出来ます。




■一目で分かる取引所比較表!




私のおすすめ
・とりあえず「zaif」も「coincheck」も開く。(zaifが今本人認証が遅い)
・物足りなければ「BINANCE」 or 「Kucoin」を開く

個人的感想
・「逆指値が出来る」「取り扱い通貨が豊富」「手数料最安」という意味ではBINANCEが最高だと思う。


登録は以下より

■zaif

>>国内取引手数料最安、スプレッドも最高、zaifに登録はこちら



■coincheck
>>操作性がよく初心者でも使いやすい!国内最大取引所coincheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

■BINANCE

>>初心者卒業したらBINANCE


■Kucoin

>>第2のBINANCEと名高いKucoin




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

HN:ラストラン!
2018年、仮想通貨バブルで成功しなかったら
多分一生億れないと思っています。
ラストチャンスと覚悟を決め
投資に対してラストランになるため
全力で勉強して、絶対に億を掴みます!
私の実践記、戦略お役立ち記事を
シェアしていきます!

ピックアップ記事

  1. 仮想通貨格付けについて2018年5月での最新情報をお送りします。 格付けで有名なのはwiess社で…
  2. 仮想通貨の取引を行っている方には、マイニングによって収益を得ている方もいらっしゃるでしょう。 マイ…
  3. ブラックマンデー発生!とネットで大騒ぎです。 昨日お伝えしたことが現実になってしまいました。「企業…
  4. エイダコイン(カルダノ)の将来性と購入方法についてお伝えしていきます。 1月23日の初の仮想通貨格…
  5. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 …

免責事項

当サイトは、仮想通貨やFXの売買に関してお勧めしているものではございません。
個人投資家の戦略・展望・調べたこと・資料としてシェアを目的にお届けしております。
ご自身でアクションを起こされる場合は、
時代の流れも早いので、変更されているかもしれない情報を再度確認調査し、ご自身の判断での決断をお願いいたします。

いかなる状況になろうとも、ご自身で出した損失に対して、当サイトでは何ら責任をお取りすることはございませんことをご承知おきくださいますようお願いいたします。

投資は自己責任で!

ページ上部へ戻る